☆有名アーティストが使う楽器はこれ! -トロンボーン編-

☆有名アーティストが使う楽器はこれ! -トロンボーン編-

有名アーティストを紹介して、楽器選びの参考やモチベーションアップにつなげてもらおうと始めたこのコーナー。

前回まで、ギター、ベース、トランペット、サックスと紹介してきました。

今回は特徴的なスライドを持つトロンボーンを紹介したいと思います。

トランペットやサックスに比べれば知名度は低いものの、ビッグバンドやJ-POPのバックバンドにも欠かせない存在であるトロンボーン。

その有名アーティストをご紹介していきますので、演奏と合わせて参考にしてみてくださいね。

(動画に関しては紹介されている楽器をを使用しているとは限りません)

(紹介する楽器はあくまで使用楽器の1つです)

 

 

中川英二郎

日本を代表するトロンボーン奏者の中川英二郎さん。

父がトランペット奏者、兄が作曲家、伯父2人がそれぞれクラリネット奏者、クラリネット奏者、祖父がバイオリン奏者という音楽一家に生まれました。

8歳のころには、父のバンドの準メンバーとして活動していたという実力の持ち主で、現在は活動をニューヨークに移し、「侍Brass」など数多くの数多くの活動をしています。

使用楽器:YAMAHA Custum Trombone YSL-895EN

中川さんの使用楽器は、日本を代表するメーカーであるヤマハと共同開発した「YSL-895EN」です。

渋く奥行きのある音でありながら、機動性も確保されている吹奏感を特徴としています。

なお、ヤマハの「SL-EIJIRO-L-GP」というマウスピースも中川さんとの共同開発であり、愛用しています。

 

ベン・ヴァン・ダイク

トロンボーンのグローバルスタンダードを引き上げたとも言われるベン・ヴァン・ダイクさん。

主にバストロンボーン奏者として知られ、2003年には国際トロンボーン協会賞を受賞しており、現代存命しているトロンボーンのパイオニアとも言われてます。

音楽教育者としての顔もあり、音楽院などの数々の音楽の教育現場で後進の教育に携わっています。

使用楽器:THEIN BvD-BK(ベン・ヴァン・ダイクモデル)

世界の名だたるトロンボーンがこぞって愛用するTHEINによってつくられた、ご自身のバストロンボーンモデルを愛用しています。

バストロンボーンのダーティなサウンドをそのままに、嫌みのない柔らかさを特徴としています。

 

 

まとめ

ここまで有名トロンボーンアーティストとその使用楽器をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

お二人とも世界に名だたる有名なトロンボーン奏者として大活躍していますし、そのお二人のモデルも、そこまで楽器の中では値が張る者ではありません。

あなたが実力を付けたら、購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

 

ちなみにCoolish Musicではオンラインレッスンを行っています。

あなたが実力をつけるためには、やはり一度は上手な人に見てもらった方が成長の近道になります。

しかし仕事などで思うようにレッスンに行けない人もいると思います

Coolish Musicのオンラインレッスンはマンツーマン1回ごとに好きな時間にレッスンを入れられるので、

あなたに合ったレッスンプランを汲むことができ、普段の予定を乱すこともありません。

ぜひ検討してみてくださいね。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です