『海外の音楽風景』ストリート・場所探し編

『海外の音楽風景』ストリート・場所探し編

前回に記事にて、イギリス・ロンドンの路上演奏事情(バスキング・ストリートパフォーマンス)について、ライセンス制度がある事をご紹介させて頂きました。

 

以前にご紹介した、東京都のヘブンアーティスト然り、ロンドン然り、路上演奏は許可が必須なの?と思うかもしれませんが、基本的には、路上で演奏すれば立派なストリートパフォーマンスです。

 

もちろん、許可が必須である場所で無断で演奏する事は駄目ですし、公共の場所で周りに迷惑をかけてしまうようではいけませんが、なんとなく周りからも公認になっているような場所が、日本にも海外にもあると思います。

 

ナチュラルに格好よくストリートで演奏する

 

例えばロンドンであれば、ロンドンブリッジ駅の周辺や、カムデンタウン、オックスフォードストリート等、管理下でなくとも演奏できる場所があります。

 

路上演奏するにあたって、あえて意気込んで出向かうのではなく、日常的に音楽を楽しむ、そのままの感覚でナチュラルに演奏するのが、本来のストリートパフォーマンスの形ではないかと思います。

 

普段何気なく歩いているような場所や、誰かが演奏していたのを見た事がある場所などを通った時に、気負いなく、スマートに演奏を路上で出来れば格好いいですよね。

 

但し、自由な場所であればあるほどに、トラブルの可能性も考えておかなければなりません。

 

バスカー同士の縄張りのようなものが存在する場所であれば、安易に立ち入るのも危険です。

 

明らかに違法とされる場所であれば、絶対に演奏してはいけないですよね。

 

それは海外だけでなく、日本でも同じです。

 

トランペットを吹く男性

場所探しのコツはミュージシャンシップから

 

ストリートパフォーマンスに挑戦する際の、場所探しのコツとしては、普段から街の風景を観察しておく事と、誰かが路上でパフォーマンスをしていたら、様子を見て声をかけてみる事が大事です。

 

その際、あくまで奏者の演奏が一曲終了した時点で近づき、チップを落としたり、声援を送る事を忘れずに行う事が礼儀。

路上であれども、そこはミュージシャンのステージですので、演奏の邪魔をしてむやみに声をかけると失礼に当たります。

 

声をかけた時に「自分も演奏してみたい」と伝えると、ストリートパフォーマンスが出来そうな場所を教えてくれたり、その人が普段演奏している場所を紹介してもらえる事もあります。

 

日本だと、路上で演奏している人を見かけても、特定のファンを除いて、スルーしていく人が多いですよね。

ロンドンでは、気さくに声をかけたり、「自分もサックスを演奏してるんだよ」とフレンドシップを計ったりする風景をよく見かけます。

 

音楽仲間を増やして情報を得る

 

とは言えども、路上で演奏できる場所をむやみに探すのは無謀です。

身近な音楽仲間に聞くと案外良い情報を与えてくれたりしますので、まずは情報を得てからストリートに出るのが一番安心です。

 

そう言った意味でも、音楽仲間を増やすと心強いですし、同じジャンルの演奏をする人たちと知り合うことは、スキル向上の意味でも励みになりますよね。

 

路上演奏では、ギター演奏や弾き語りも一般的ですが、実は、サックス奏者が凄く多いんです。

ストリートで格好よくジャズを演奏している姿を見ると、憧れますよね!

 

Coolish Musicオンラインレッスンで学んだら、セッションに出てみましょう。

そこで多くのミュージシャン達に出会うことで、また新たな音楽への道が広がるかもしれません。

 

いつでも演奏できる1曲、2曲、常に持ち合わせていれば、セッションだけでなく、ストリートでも気軽にパフォーマンスできますよ。

 

次の記事では、路上演奏の利点についてご紹介します。

 

こちらも読まれています

Comments (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です