『海外の音楽風景』ストリート・ロンドン編

『海外の音楽風景』ストリート・ロンドン編

前回の記事では、セッション以外にも気軽に腕試しできる演奏場所として、路上演奏(ストリートパフォーマンス)をご紹介させて頂きました。

イギリス・ロンドンでは、ストリートパフォーマンスを行う事をバスキングと呼びます。

今回も、バスキングについてお話しを進めたいと思います。

 

ロンドンの路上演奏は許可制

 

ロンドンの街では、コヴェントガーデン周辺、トラファルガー広場、通称アンダーグラウンドと呼ばれる地下鉄構内、トレイン主要駅など、至る所でバスキングが行われていますので、旅行で訪れた事がある方ならば、その風景を何度か見た事がある方も多いと思います。

 

日本で見かけるストリートパフォーマンスよりも、圧倒的にその舞台が多く、ミュージシャンも堂々とパフォーマンスをしている事から「怒られたり、捕まったりしないの?」なんて思うかもしれません。

 

実は、これらの場所でのバスキングは、全て許可制。

 

厳しいオーディションを潜り抜け、ロンドン市が発行する公式ライセンスを手に入れる事が出来れば、公式に開放されている路上や広場の指定位置で、堂々とパフォーマンスする事が出来るのです。

 

但し、トラファルガー広場と駅では別の場所という認識になるため、自身の持つパフォーマンスに合った場所でのライセンスが必要となります。

 

一般的に、広場などは、家族や旅行者向けとして銅像やパントマイムなどのパフォーマーが有利であり、駅では通行人に向けての音楽提供としての目的があるため、ミュージシャンが有利です。

 

 

路上演奏をする二人組

歴史の古いロンドンの路上演奏事情

 

イギリスでのバスキング(ストリートパフォーマンス)のライセンス制度は、前回の記事でご紹介した東京都の許可制度よりもずっと以前より実施されています。

 

これは、バスキングというスタイルが古くより日常的に行われていたイギリスの文化背景にあります。

イギリスのミュージシャンであれば、誰でも何度かは路上で演奏した経験があるんですよね。そのくらい、日常的な風景でもあるのです。

 

一説には、昔は路上での演奏場所争いが絶えなかったという噂もあり、そのため場所を許可制にし、演奏者のスケジュールを決めてしまおう、となったとか。

 

争いが絶えなかった、これは一概に噂でもないような気がします。

 

ロンドンでバスキングをする事は、腕試しや、ただ演奏を披露したいという目的だけでなく、チップを得るために演奏をするという、実にシンプルな理由を持つバスカーも多いのです。

 

ただ、演奏をする場所によって、チップの入る量も違います。

 

夜の繁華街であれば、夜遊びなどで開放的になった人たちからの投げ銭が増える事も多く、逆に、お金持ちの多く住むエリアでは「うるさいなあ」と煙たがられてしまったり、朝などの忙しい時間帯にも同じく迷惑がられる事があるため、チップの入りが悪いということに。

 

路上演奏をする男性

タイムテーブル制の路上演奏

 

ロンドンは意外と小さな街です。

 

セッションでも、路上演奏でも、いろんな場所に顔を出せば出すほどに、ミュージシャンシップというものが深まり、仲間がどんどん増えていきます。

「あそこの場所で演奏するとチップがいいよ」なんて情報も、すぐに回るのです。

 

いざ、その場所へ向かうと、誰かが先に演奏しており自分が演る事はできない、あるいは、最初に場所を取った人が延々と独占し、いつ見ても同じ人が演奏しているという事になるのです。

 

そうすると、誰が先にその場所で路上演奏をするかという争いになりかねません。

 

ライセンス制度後は「どのバスカーが、どの場所で何時から何時まで演るか」というのを市が管理するようになったのです。

 

次の記事では、許可なく挑戦できるロンドンの路上事情をご紹介します。

 

こちらも読まれています

Comments (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です