おすすめのサウンドトラック作曲家 -佐藤直紀-

おすすめのサウンドトラック作曲家 -佐藤直紀-

毎回サウンドトラックの作曲家を通じて、サウンドトラックの良さや楽しみ方を紹介するこのシリーズ。

前回は、柔軟なサウンドで、柔も豪も表現し分ける浜口史郎さんをご紹介しました。

今回は、電子サウンドとオーケストラサウンドの融合を得意とする佐藤直紀さんをご紹介します。

 

 

佐藤直紀とは

佐藤直紀(さとうなおき)さんは、ジャンルにとらわれない音楽で数々の映像作品の劇伴・サウンドトラックを作っている作曲家です。

有名作は「ALWAYS 三丁目の夕日」で、日本アカデミー賞・最優秀音楽賞も受賞しました。

他にも「龍馬伝」や「STAND BY ME ドラえもん」など数々の有名作品の音楽を手掛けており、シンセなどの電子音を中心に、オーケストラサウンドを混ぜた音の構築を得意としています。

 

 

代表作

アニメ「暗殺教室」より まだまだ余裕!

まずはアニメ「暗殺教室」より まだまだ余裕! です。

この曲は、殺センセーに育てられた生徒たちが周りを圧倒するシーンで使われることが多い曲で、

打ち込みの電子音迫力のある弦楽器・管楽器の対比が、見事に生徒たちの縦横無尽ぶりを表現しています。

またジャズテイストのトランペットソロが非常に印象的で、まだまだ余裕!感を一層引き立てていますよね。

ちなみに、同時期に展開された嵐の二宮和也さん主演の実写映画の方も、佐藤さんがサウンドトラックを担当しています。

 

 

アニメ「二人はプリキュア」から プリキュア変身

続いて、アニメ「二人はプリキュア」から プリキュア変身 です。

佐藤さんは、最初のプリキュアサントラ作曲家で初代~5代目の「Yes!プリキュア5GoGo!」までを担当しました。

こちらは電子音は使わず、生演奏でサウンドを構築していますが、生演奏のサウンドの厚みがプリキュアのかっこかわいさをより引き立たせています。

なお、有名なOPである DANZEN! ふたりはプリキュア の編曲も佐藤さんで、メロディ以外のサウンドづくりでプリキュアらしさを1から組み立てた人でもあります。

 

 

ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」より Code Blue

 

ラストは、ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」より Code Blue です。

大人気ドラマとして現在第3シーズンまで続いているコードブルーのOPも、佐藤さんが担当しています。

壮大なオーケストラサウンドとともに一定のリズムで流れる電子音が、まさしくヘリコプターの音の様で、

作品の世界をほんの短い時間で感じさせてくれる曲となってます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

佐藤直紀さんのサウンドトラックをご紹介しました。

電子音とオーケストラ生音のコンビネーションで、従来の音楽に縛られない音作りをする方でした。

ぜひ気に入ったサウンドトラックから佐藤さんのサウンドを聞いてみてくださいね。

 

ちなみに、曲を聞いて新しい楽器に挑戦したいいろんな音を出したいって思った人は、

ぜひオンラインレッスンのCoolish Musicを利用してみてください。

初心者でも中級者でもウェルカムですし、1回のみのお試し利用も可能です。

どんな音楽でも、Coolish Musicはいつでも力になりますよ!

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です