おすすめのサウンドトラック作曲家 -椎名豪-

おすすめのサウンドトラック作曲家 -椎名豪-

おすすめのサウンドトラック作曲家を紹介し、さまざまなサウンドトラックの楽しみ方を提示してきたこのシリーズ。

前回は、独特な音楽表現で繊細な音楽観を提示する牛尾憲輔さんを紹介しました。

今回は壮大な音楽観を持つ椎名豪さんを紹介します。

 

 

椎名豪とは

椎名豪(しいなごう)さんは、ゲーム音楽を中心とする作曲家で、もともとナムコ社に所属していました(現在はフリー)。

そのため、ナムコ社と後に合併するバンダイ社の有名タイトル(「テイルズオブ」シリーズ、「ゴッドイーター」シリーズ、「アイドルマスター」シリーズなど)のサウンドトラックを数多く手掛けています。

最近では大人気アニメ「鬼滅の刃」のサウンドトラックも担当するなど、活躍の舞台はますます広がっています。

 

 

代表作

 

ゲーム「テイルズオブゼスティリア」より 畏怖する存在・Rasing Up

最初は、ゲーム「テイルズオブゼスティリア」より 畏怖する存在 です。

椎名さんの音楽の特徴はなんといってもその壮大さです。

なかでも「テイルズオブゼスティリア」の椎名さんの曲は、壮大な椎名サウンド全開であり、古代の気品高さとワクワク感を表す曲ばかりでした。

特にこの曲では、 中盤のホルンのサウンドが音楽の奥行きとなって、作品の壮大さを奥に拡張していくところがたまらないです。

また椎名さんは印象的なボーカルの使い方も特徴で、同じ「テイルズオブゼスティリア」で使われたRasing Upという曲にそれが表れています。

「テイルズオブゼスティリア」のなかでも非常に人気の高い曲で、ボーカルの力強さオーケストラの荘厳さがとても心に残る曲です。

壮大な世界に現れる強大な敵と、それに立ち向う強い想いを感じさせてくれます。

数少ないボーカル曲で、作品の世界観の広さを一気に押し出す、それが椎名さんの強い持ち味だと思います。

 

 

アニメ「鬼滅の刃」より 竈門炭治郎のうた

次はアニメ「鬼滅の刃」より 竈門炭治郎のうた です。

壮大なサウンドが持ち味の椎名さんにしては、繊細な音で始まる曲ですが、印象的なボーカルは椎名さんらしさを感じます。

しかも、歌いだしの繊細さから中盤に持ち味の壮大さにつなげていくのは非常にグッとくるものがありますよね。

筆者は「鬼滅の刃」を見ていないので多くは語れませんが、作品を見ていない筆者でも一瞬で心をつかまれたので、椎名さんおそるべしです。

 

 

まとめ

椎名豪さんのサウンドトラックをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

世界観が壮大で、ここぞという場面で印象的にボーカルを使うのはもはや反則技だと思います。

ぜひ壮大な椎名豪さんのサウンドトラック、聴いてみてくださいね。

 

ちなみに、曲を聞いてもっと壮大な音楽をしたいと思った人は、

ぜひオンラインレッスンのCoolish Musicを利用してみてください。

クラシックや吹奏楽の壮大な音楽をするには、細かな基礎能力やテクニックも必要になります。

そんな基礎やテクニックでも、Coolish Musicならしっかり教えていきますよ!

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です