☆おすすめのサウンドトラック作曲家 -佐橋俊彦-

☆おすすめのサウンドトラック作曲家 -佐橋俊彦-

サウンドトラック作曲家の紹介を通じていろんな音楽に親しみ、音楽観のの幅を広げるべくスタートしたこのコーナー

前回は、サウンドトラック界の大御所として親しまれ、その神秘性で作品の世界に奥行きをもたらす川井憲次さんでした。

今回は日本人気シリーズで大活躍し、壮大で力あふれる曲を得意とする佐橋俊彦さんです。

 

 

佐橋俊彦とは

佐橋俊彦(さばしとしひこ)さんは、「ウルトラシリーズ」「仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」「ガンダムシリーズ」の4つすべてに携わった初めての作曲家であり、今もなお有名作品の劇伴を担当し続けています。

かつてはディズニーランド、劇団四季などの音楽も担当したことがあり、重要な音楽を数多く任されてきました。

元々小さいころからクラシックを聴いており、そこに海外ドラマや「ウルトラシリーズ」などの影響を受けています。

結果、本人も「シリアスな音楽より大きい音楽が得意」と語るように、管楽器を主体とした前向きで力あふれる曲を得意としています。

 

代表作

 

特撮「ギンガマン」より 星獣戦隊ギンガマン

まずは、特撮「星獣戦隊ギンガマン」より 星獣戦隊ギンガマン です。

俳優でタレントの照英さんが出ていたことでも有名な「ギンガマン」ですが、この音楽も佐橋さんが担当しています。

まるで鼓笛隊の様な早い太鼓のリズムと、勢いよく飛び出してくる金管楽器が混ざり合って、

戦隊シリーズのカッコよさを前面に押し出していますね。

(何度聞いてもテンションが上がってしまいます笑)

 

 

特撮「ウルトラマンメビウス」より メインタイトル ~君はウルトラマンだ!

次は特撮「ウルトラマンメビウス」より メインタイトル ~君はウルトラマンだ です。

冒頭ファンファーレから始まり、その後いったん音楽を切ってゆったりと流れていくのは、

名前を伏せたら、まるで叙情的なクラシック音楽に聞こえます。

それぐらいウルトラマンが壮大で、人々の希望を乗せ続けてきた作品だということですね!

 

 

まとめ

今回は佐橋俊彦さんのサウンドトラックでした。

クラシックの金管サウンドを源流とした、前向きで力あふれるサウンド。

気に入った作品でぜひ聞いてみてくださいね!

 

ちなみに、曲に触発されてもっとダイナミックに表現したいと思った人は、

ぜひCoolish Musicのオンラインレッスンを受けてみてください。

力強く表現するには、それだけ音を支えて持続させられる基礎パワーが必要です。

Coolish Musicならどこにいてもオンラインでマンツーマンレッスンできるので、

必要な練習からあなたに足りないものまで教えてくれますよ!​

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です