おすすめのサウンドトラック作曲家 -梶浦由記-

おすすめのサウンドトラック作曲家 -梶浦由記-

前回、澤野弘之さんについて紹介しましたが、引き続きおすすめのサウンドトラック作曲家をご紹介していきたいと思います。

今回は、大人気アニメのサウンドトラックを数多く手掛けている梶浦由記さんです。

 

梶浦由記とは

梶浦由記さんは、アニメのサウンドトラックを中心に作曲を行っている作曲家です。

元々でSee-Saw(シーソー)という音楽ユニットでメジャーデビューしており、キーボードを担当していました(活動は続いている)。

アニメのほかには2014年のNHK連続テレビ小説「花子とアン」の劇帆なども担当しています。

また、過去にはアニメ「空の境界」発の女性ボーカルユニットKalafinaのプロデュースも行うなど、作曲活動以外も積極的に行っていて、楽曲の独特な世界観で多くの人を惹きつけています。

 

代表曲

 

アニメ「ソードアート・オンライン」から Luminous Sword

まずはアニメ「ソードアート・オンライン」から Luminous Sword です。

この曲は、ソードアート・オンラインのなかでも戦闘の畳みかけるシーンで流れることが多く、梶浦さんの特徴もよく表れている曲です。

その特徴とは、なんといっても独特な世界観と、梶浦語と呼ばれる架空語のコーラスです。

この曲も、冒頭から独特の雰囲気がありながらもコーラスが引っ張っていく感じがたまりません。

オーケストラテイストとロックテイストが融合し、戦闘のカタルシスを非常に表現する曲に仕上がっています。

 

 

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」より Desiderium

続いては「魔法少女まどか☆マギカ」より Desiderium です。

この曲は、中間の休止を挟んで、2つのテーマを2回繰り返す、つまりA→B→A→Bという構造になっています。

そしてこのBのテーマ、実はまた別の曲の旋律が隠されています。

それが同じく「魔法少女まどか☆マギカ」で使用される Sis puella magica! という曲です。

Sis puella magica! は直訳すると「魔法少女になってよ!」なので、

Desideriumが魔法少女についての説明のシーンで流れたことを考えると非常に面白い曲構造になっているのです。

また、梶浦さん特有の物悲しさがほんのり香ってくる感じもして、非常に明るいながら惹きつけられる曲ですね。

 

 

まとめ

今回は梶浦由記さんについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

世界観が独特でしたが、魔法少女やゲームの世界など、アニメチックな世界で力をかなり発揮している方でした。

こういう世界観が好きと言う方は、ぜひ梶浦さんが作曲した作品のサウンドトラックを聴いてみてくださいね。

 

ちなみに、梶浦さんの曲を聞いてもっといろんな表現をしてみたい!って思った人は、

ぜひオンラインレッスンのCoolish Musicを利用してみてください。

楽器の基礎練習から、さらなる表現力の習得までCoolish Musicはいつでも力になります。

月謝などもなく1回から利用できるので、ぜひ利用してみてください!

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です