☆おすすめのサウンドトラック作曲家 -井内啓二-

☆おすすめのサウンドトラック作曲家 -井内啓二-

さまざまなサウンドトラックの楽しみ方を、サウンドトラック作曲家を通じて紹介するこのコーナー。

前回は話題のアニメの作風ごとに、まるでカメレオンみたいに表現を使い分けられる加藤達也さんをご紹介しました。

今回はクラシカルな重厚感と速いビートの折り合わせで、想いの強さや偉大さ表現する井内啓二さんをご紹介します。

 

 

井内啓二とは

井内啓二(いないけいじ)さんは、アニメを中心としてドラマ、映画、ファッションショーに至るまで様々なジャンルで活躍する作曲家です。

バイオリニストの中西俊博さんに師事し、劇伴やスタジオワークなどのノウハウを受けたために、スタジオ関連の知識も豊富で引き出しも多い方ですね。

代表作としては「ワンピース」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」などがあり、

クラシカルで重厚感あふれる曲調の中、だんだんと速いビートを混ぜていくサウンドを得意としています。

 

代表作

 

アニメ「ワンピース」より 革命軍参謀総長 サボ

まずは、アニメ「ワンピース」より 革命軍参謀総長 サボです。

ワンピースの新世界編から、従来の田中公平さん・浜口史郎さんとともに制作に関わる井内さんは、ドレスローザ編のキーパーソンであったサボのテーマを作っています。

亡くなったと思われていたルフィの義兄弟・サボとの再会の際に流れた曲で、鳥肌や涙必須のシーンで流れていましたね。

(この曲やルフィの号泣も相まって当時はウルっときたのを覚えています)

曲の重く偉大な感じが、「サボが大きくなって帰ってきた!」という安心感頼もしさを感じさせてくれる、そんな曲です。

 

 

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より 英雄願望 ~アルゴノゥト~

次はアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より 英雄願望 ~アルゴノゥト~です。

2,3期や映画・外伝が制作されるほどの人気作品であり、そのサウンドトラックも井内さんが担当しました。

筆者はこのアニメを残念ながら見ていませんが、主人公が少し頼りないところからスタートする物語だそうです。

この曲には想いの強さプライドを感じ取れるような重厚感があり、英雄を志して、少しずつ成長していく様が感じ取れるような気がします。

まさしく「英雄願望」を形にした素晴らしい曲だなと思いました。

 

 

まとめ

井内啓二さんのサウンドトラックをご紹介しました。

重厚感のあるクラシックサウンドで、強さ偉大さ想いの強さを感じさせる井内さんの曲。

気に入った作品でぜひ聞いてみてください!

 

ちなみに、曲に触発されてもっと重厚に表現をしたいと思った人は、

基礎技術をより磨く必要があります。

基礎の練習の中で、もしレッスンを受けたいと感じたら、ぜひCoolish Musicを利用してみてください。

オンラインのマンツーマンレッスンなのでいつどこにいてもあなたに必要なレッスンをお届けできますよ。

活用してくださいね。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です