サインイン

音楽コラム

『海外の音楽風景』セッション人気曲ポピュラー編②

『海外の音楽風景』セッション人気曲ポピュラー編②

前回の記事では、セッションの定番曲ともいえる「Feel Like Makin’ Love」をご紹介しました。

ライブのカヴァー演奏や、セッション会場で耳にする事もとても多いですよね。

 

日本では定番ともいえる「Feel Like Makin’ Love」ですが、実は、ロンドンのセッション会場で演奏する人を見た事がありません。

 

海外では、あまりにポピュラーすぎる曲じゃない方がいいのかも?しれませんね。

 

 

ブルージーなあの名曲を弾こう!

 

しかし、ロンドンにもセッションで定番の如く演奏される曲があります。

 

その曲がこちら。

Ain’t No Sunshine

Songwriter:Bill Withers

 

ソウル・R&Bシンガーソングライター、ビル・ウィザーズの「Ain’t No Sunshine」です。

 

1971年発売のアルバム「Just As I Am」からシングルカットされ、全米チャート3位を記録しました。

プロデュースは、ブッカー・T・ジョーンズ。

 

失恋の苦悩が歌われた「消えゆく太陽」という邦題のこの曲は、その詞も曲調もブルージー。心を掴みます。

 

ウィザーズは、1962年の映画「Days of Wine and Roses」を鑑賞し、インスパイアを受けて「Ain’t No Sunshine」を書いたと言われています。

この映画から生まれた名曲が、ご存知スタンダードの名曲「Days of Wine and Roses」です。

 

こちらはフランク・シナトラの「Days Of Wine And Roses」です。

 

 

「Ain’t No Sunshine」を書いた当時、ウィザーズは31歳でした。

その時点では、便座を作る工場で働いていたそうです。

 

American Top 40のDJ、Casey Kasemのレポートによると、曲がヒットをした時、ウィザーズのレコード会社は彼に金のトイレを贈り、彼の新しいキャリアの始まりを祝福したとか。

 

労働の傍ら曲を書き続けた苦労人であり、遅咲きである彼だからこそ、失恋ソングに留まらないブルージーで重厚な曲を作り、歌い上げる事が出来るのですね。

 

こちらはブルース3大キングのひとり、フレディー・キングのヴァージョンです。

 

ポップさと突き抜ける歌唱が素晴らしいマイケル・ジャクソンのヴァージョンもおすすめ。

 

 

夕陽を背に楽器を弾く人

曲を書き続け、音楽に賭けた人生

 

この曲の良さは、シンプルながらインパクトの強い歌詞にもあります。

3コーラス目で26回繰り返される「I know」と言うフレーズ。

今で言うと、とてもキャッチーですが、当時ウィザーズは普通に歌詞を入れることを考えていたそうです。

 

そんな時、他のミュージシャン達のアドバイスを受けたことで、この歌詞が生まれたのだとか。

そのアドバイスというのが「(当時働いていた)工場をダラダラと続けるだけなら、工場を去った方がいい」と言われた事で、職場を去った、と言うもの。

 

あくまで筆者の推測ですが「音楽で人生の勝負を賭けろ」と言う意味合いの助言に対しての、ウィザーズの心の回答が「I know(分かってるよ)」ということだったのかな、と感じています。

 

 

レパートリーを増やして演奏に出かけよう!

セッションでは、客の盛り上がり高まる終盤にかけて選曲される事が多いこの曲は、ファンク調を原曲より強めて演奏される事が多いです。

 

近い雰囲気がこちらです。

 

Coolish Musicでは、セッションに必要なノウハウやテクニックをオンラインで学ぶことができます。

 

レパートリーを増やして、街へ演奏に出てみませんか?

 

次の記事では、これから始まる季節に向けて、演奏人気が更に増す曲を紹介します。

 

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です