『海外の音楽風景』ジャムセッションの魅力 〜ロンドン・オープンマイク編③〜

『海外の音楽風景』ジャムセッションの魅力 〜ロンドン・オープンマイク編③〜

前回の記事では、ロンドンのジャズセッションの風景を少しご紹介しました。

 

イギリス・ロンドンの初心者ミュージシャン達が「最初の腕試し」として通う場所であり、音楽上級者達も気軽に通う息抜き的なスポット、それがオープンマイクセッションです。

 

オープンマイクって何?

 

その名の通りマイクを開放しているイベントですので、基本的には歌うことを前提とした演奏披露の場所として、パブやバーなどで開催されています。

 

参加するのは、弾き語りのミュージシャンだけでなく、ユニットスタイルの参加やサックスやハープのソロ演奏を披露する方もいます。

ジャンルもスタイルも自由である事がオープンマイクの特徴です。

 

参加しやすい理由は、オープンマイク「セッション」と呼びながらも、そのステージは個人で行うものであるから。

 

ジャズやブルーズのセッションは、即興で周りの演奏を聞き、合わせるという調和が必要不可欠です。

 

しかし、一人で歌い演奏するということは、極端に言えばリズムにばらつきがあっても、間違えても、バンドに迷惑かけることもなく、自分でその責任をとるだけなのです。

 

一人で演る事ってプレッシャーのように思えますが、実は気構える事なく好きにやれるという事なんですよね。

 

もちろん、間違えれば周りも気付くので恥ずかしい思いをしますけど、オープンマイクではそんな風景もよくある事。

皆が「演奏したい!」という心の開放のために来ています。

 

歌う女性ボーカル

カヴァー曲が好まれるロンドンのオープンマイク

 

日本でもオープンマイクを行なっている場所は多いですよね。

特にボーカリストやギタリストには嬉しいイベントです。

 

ロンドンでは、1ステージ参加につき3曲の披露と決められています。

ジャンル関わらず、好きな曲や演奏に慣れている曲を演れば良いだけなので、選曲も簡単です。

 

オリジナル曲を披露する事も有りなのですが、実はロンドンではオリジナル曲の演奏はあまり好まれません。

 

ほとんどの方がカヴァー曲を演奏しています。

 

日本では、オリジナル曲を披露した方が、他の参加者と差別化できて自己PRにもなるので、オリジナルこそ好まれるかもしれません。

 

ロンドンでは、自己PRと言った風景は無く、あくまで腕慣らしや皆で楽しむ場所という、シンプルなセッションスタイルの構造が見られる事も特徴です。

 

そう言った意味でも、最も気軽に参加出来るのがオープンマイクとも言えるでしょう。

 

また、ミュージシャン達が自己の開放や演奏欲求のために参加すると同時に、会場に訪れたお客さんを楽しませたいと言う意識も強いのです。

 

自分が演奏したい曲より、皆が一緒に楽しめる曲を演ろうとして、カヴァー曲を選ぶのですよね。

 

サックスとピアノ

悩むより今すぐ演奏を始めよう!

 

世界的なアーティストを数多く生み出したイギリスには、老若男女誰でも歌える国民的な曲が数多く存在します。

 

昔馴染みの曲をステージで披露するだけで、その会場全ての人達が大盛り上がり、拍手喝采になります。

 

 

旅行でロンドンに行って、オープンマイクに参加してみようかな?と思う方は、先ずはビートルズを3曲マスターしておけば大丈夫です。

勘違いするほど会場が盛り上がりますよ。(笑)

 

ステージの快感を求め、オープンマイクに足繁く通い、練習する、この繰り返しでロンドナー達は上達していきます。

 

考えるよりとにかく演奏してみる、それは世界共通なのです。

 

セッションをより楽しむなら、練習あるのみ。

まずはオンラインレッスンから今すぐ初めてみませんか?

 

次の記事では少し変わったセッションをご紹介します。

 

こちらも読まれています

Comments (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です