サインイン

音楽コラム

『海外の音楽風景』ミュージカルの本場で絶対に観るべきロングラン演目3作

『海外の音楽風景』ミュージカルの本場で絶対に観るべきロングラン演目3作

 

前回の記事では、世界最高峰の商業演劇街、イギリス・ロンドンの「ウエストエンド」とアメリカ・ニューヨークの「ブロードウェイ」についてその歴史を軽くご紹介しました。

 

ここからは、筆者が実際にウエストエンドで観劇した演目の中から、おすすめの作品を紹介していきたいと思います。

 

今回は、絶対に観るべき定番の「ロングラン作品」です。

 

技術面や演出面の感想に絞り、内容紹介は省かせて頂きます。

 

 

劇場の女性

まずは不朽の名作から

 

まずは絶対に外せない名作品、オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)です。

 

ご覧になった事のある方も多いのではと思います。

 

2020年3月現在、ウエストエンド、ブロードウェイの両劇場街にて公演中です。

 

と、いうよりも「オペラ座の怪人」の公演が途切れたことは、ほとんど無いのではないでしょうか・・・

 

オーケストラピットの奏者スキルは当然ながら、ミュージカル演目に出演するアクター、アクトレスも、歌唱力、ダンスの技量は必須項目です。

クラシックやオペラ、バレエの経験者も多いことでしょう。

 

しかしながら「オペラ座の怪人」に出演するアクター達のレベルは、群を抜いています。

総オペラ・クラシック歌唱者、総バレエダンサーの登場続きです。

 

期待を全く裏切らない技量と熱演、豪華な衣装や装飾、壮大なステージングも含めて、大変芸術性の高い作品です。

 

 

続いて、こちらもロングランの代表作、レ・ミゼラブル(Les Miserables)です。

ミュージカルとしても有名な作品ですが、映画でご覧になった方も多いと思います。

 

現在、ウエストエンドとブロードウェイの両劇場にて公演中です。

 

「オペラ座の怪人」に比べると、休演期間が多いものの、ロングラン作品なので常に公演している可能性は極めて高いです。

 

この作品には名曲と呼ばれるテーマソングが多く、有名なところでは「民衆の歌」や「夢やぶれて」などがあります。

 

 

 

全体的に、演劇色とドラマ性が強い演目ですので、ダンスシーンはほとんどありません。

特に、演劇・芝居好きの方におすすめです。

 

壮大な音楽と演出の迫力に圧巻

 

現在、ウエストエンドとブロードウェイ、両劇場にて休演中の演目ですが、定期的に公演している演目ですので、一度は絶対に観て頂きたいのが、ミス・サイゴン(Miss Saigon)です。

 

実は、次期の公演を一番待ち望んでいるのがコレ。おすすめです。

 

ベトナム戦争末期の女性商売を舞台とし、アメリカ兵に恋に落ちたアジア人女性の悲劇を描かれているので、内容に関しては賛否があります。

物語として嫌いな方もいるかもしれません。

ストーリーも涙無しでは見れないので、極めて演劇的とも言えるのですが・・・

 

ミス・サイゴンのプロダクションが作る舞台は、とにかく壮大。

セットと照明、音楽の迫力が抜きん出ている印象です。

 

ダンスシーンは少ないものの、身体能力の高さをアピールするアジア兵のシーンやスキルの高い歌唱シーンが多く、全面通して音楽で構成され、台詞は全て歌唱で語られています。

 

とにかく舞台セットには度肝を抜かれますよ。

これが本場の迫力!と思える作品です。

 

次回のミュージカル記事では、分野に絞ったおすすめ演目をご紹介したいと思います。

 

ベッドの上のギター

身近な場所で音楽を楽しむなら?

 

一度は体験して欲しい、海外での音楽鑑賞や演奏体験。

でも、海外に出て音楽に触れるのは簡単ではないですよね。

 

Coolish Musicオンラインレッスンなら、自宅にいながらプロの講師に楽器を学び、音楽に触れることができます。

 

上達だけでなく、音楽アドバイスを聞けることで世界も広がりますよ。

 

まずは自分の部屋の中から、世界を広げてみませんか?

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です