楽器をやりたい初心者のための講座 ー弦楽器ー

楽器をやりたい初心者のための講座 ー弦楽器ー

前回に引き続き楽器の種類をご紹介したいと思います。

今回は弦楽器についてです。

弦楽器は音こそ小さいですが、弦振動を共鳴させた特有の品のある音を出すので、多くの人から親しまれています。

 

 

弦楽器の種類

 

弦楽器はさまざまありますが、皆さんになじみが深いのは大きく分けて2種類。

主に弓を使って摩擦し音を出す擦弦楽器、もう1つは直接弦をはじいて音を出す撥弦楽器です。

前者はバイオリン、後者はギターなどが有名ですね。

ちなみに、鍵盤楽器であるピアノも内部構造を考慮して弦楽器と考えることもあります。

その場合、弦をたたいて音を出しているので、打弦楽器に該当します。

 

バイオリン

 

 

最初は、クラシックの弦楽器の中でもメインの活躍をするバイオリンです。

バイオリン属と呼ばれる楽器の中で最も小さく最高音域を担当します。

肩と顎で楽器を挟んで演奏している姿をよく見かけますね。

なお、民俗音楽のシーンでは同じ楽器が「フィドル」として使用されます。

 

ヴィオラ

 

 

続いてヴィオラです。こちらも肩と顎で楽器を挟んで演奏するので一見バイオリンと見分けがつかない感じですが、大きさはバイオリンより10cmほど長く、音域もバイオリンの少し下を担当します。

目立ちにくい楽器ですが、周りを引き立てると同時に、人間に最も近い音域の楽器として見えないところで心地の良さを演出しています。

 

チェロ

 

 

続いてチェロです。チェロになるとに人間より一回り小さいぐらいの大きさなので、自分の前に出して演奏します。

弦楽器の丁度良い中低音楽器として人々を惹きつける哀愁のある音を出す楽器で、意外とチェロがフィーチャーされる曲もあります。

 

コントラバス

 

 

次は、バイオリン属最低音のコントラバスです。

全長は身長が高めの男性に匹敵するほどの大きさになるため、正確にはバイオリン属ではないとする説もあります。

最低音を担当するので目立たない楽器ではありますが、音楽の厚みを持たせてくれる楽器であり、同時に渋い低音を出してくれる楽器でもあります。

バイオリン属の中では唯一吹奏楽やジャズでも大きく活躍する楽器でもあります。

 

ギター

 

 

続いてバンドの花型、ギターです。

こちらは弦の中でも共鳴板が大きくなることで音量問題を解決したアコースティックギターと、電気を使うことで様々な音を出せるようにしたエレキギターがあります。

前者は温かみのある音で弾き語りなどのアコースティックな場面はもちろん、クラシックの場面でも使用されます。

後者はさまざまな音色が出せるのでロックやジャズ、まれに吹奏楽などで使われることが多いですね。

 

ベース

 

 

最後はベースです。実はコントラバスと音域がかぶっており、音楽やジャンルに応じて使い分けられることもあります。

一般的にベースで思い浮かべるのはエレキベースの方で、音色が工夫しやすいこともあり、ロックやジャズなどで使用される場面が多いですね。

吹奏楽の場合は、クラシック系はコントラバス、ポップス系はエレキベースと使い分けられます。

 

まとめ

 

ここまで駆け足で弦楽器について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

もし気になる楽器があったら、すでにやっている人にどんな楽器か聞いてみたり、動画サイトで音を聞いてみたりしてくださいね。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です