楽器をやりたい初心者のための講座 ―音名について―

楽器をやりたい初心者のための講座 ―音名について―

前回までは、音楽ジャンル個々の楽器の紹介をしていた「楽器をやりたい初心者のための講座」。

ここからは実際の音楽の知識もご紹介していきたいと思います。

 

今回は、音名についてです。

 

これを知るだけで何気ない音楽の基本トークが分かりやすくなりますよ。

 

「ドレミファソラシド」音名の語源

音楽で音の高さを表す言葉といえば、ドレミファソラシドですよね。

この「ドレミ…」の語源は、元々イタリアのグイード・ダレッツォという音楽理論家が作曲した「ヨハネ讃歌」に由来します。

この曲の歌詞は、各行の冒頭が「ドレミファソラ」となっており、そこからイタリアで「ドレミ…」が定着し、世界にも広まったのです。

ちなみに、この「ヨハネ讃歌」は「ドレミの歌」として日本にも伝わりました。

 

日本の「ドレミ…」は移動する?

このような経緯で「ドレミ…」が日本にも定着したのですが、実は皆さんの知っている「ドレミ…」には落とし穴があるのです。

それは「ドレミ…」のルールが「ドが必ず中心の音になる」ことだからです。

 

(わかりやすく解説するにあたり、音を「①②③…①②③…」と表します)

(ルール)

  • 2回目の①=1回目の①オクターブ上の音
  • すべての音は1つ前の音より一定の幅で高くなる
  • すべての音は必ず違う音

 

音楽には「調」という概念があり、例えば①の音を中心として音階を作ったとき、①の調となります(正確には長調と短調に分かれる)。

同じように②の音を中心とすれば②の調、③の音を中心とすれば③の調となります。

日本における「ドレミ…」は「ドを必ず中心の音にする」がルールなので、①の調に当てはめると、

①=ド、②=レ、③=ミ・・・

と表され、オクターブ上の①をまたドとなります。

しかし、②の調の場合は、

②=ド、③=レ・・・①=シ・・・

となり①の調とは「ド」が指す音が変わってしまうのです。

もちろん③の調でも同様に違いが発生します。

 

このように日本で「ドレミ…」はドが中心の音を表すように調によって変化してしまうのです。

これを理解していないと、音楽トークで思わぬ食い違いを呼ぶことがあるので注意しましょう。

 

絶対的な音の表し方

「だったらどうやって音を区別すればいいんだよ!?」って思いますが、

絶対的に同じ音を表す言葉もあります。

国ごとに違いますがこんな感じです。

  • イタリア DoReMiFaSolLaSi
  • アメリカ  CDEFGA
  • ドイツ   CDEFGAH (アメリカと読み方が違う)
  • 日本    | ト|ロ 

(縦の列はすべて同じ音を指す)

 

この読み方の場合、①の調で①がアメリカ音名のCなら、

②の調でも①=C、③の調でも①=Cとなります。

そして、どの場合でも日本音名では①=C=ハとなるのです。

 

アメリカ音名は軽音楽ジャズなどでよく使用され、

ドイツ音名は吹奏楽クラシックなどでよく使用されるので、覚えておきましょう。

ちなみに「ハ長調」のハは日本音名におけるハなので、音楽知識を勉強する際には知っておくと便利ですよ。

ちなみに

 

ばら 楽譜

今回は音名の複雑な仕組みを紹介しました。

簡単にまとめると

  • 日本の「ドレミ…」は移動するので音楽トークで邪魔になることがある
  • 絶対的な音の表し方がある

この2つを覚えてくれれば大丈夫です。

ただし「ドレミ…が移動する」とは言いましたが、日本における「ドレミ…」は音楽的に言うとハ長調(ハ=Cが中心の長調)の音とリンクする意識が強いです。

なので、絶対音感の人や音楽の先生が「ド」といったら、ハ=Cの音のことだな、と思うようにすると日常でも困らなくなりますよ。

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です