サインイン

音楽コラム

楽器をやりたい初心者のための講座 ―和音―

楽器をやりたい初心者のための講座 ―和音―

楽器を始める初心者のために知っておくと便利な知識を紹介するこの講座、

音楽知識では、これまで移調楽器や音名などを紹介しました。

今回はもっと音楽理論に踏み込んで和音についてご紹介したいと思います。

和音とは複数の音からなるハーモニーのことです。

音楽の重要ポイントの1つなので、知っておくと他の人とハーモニーを作るときに断然やりやすくなりますよ。

 

音階における音程の表し方

まずは音階における音程の表し方を覚えましょう。

音程の間隔はを使って表すことができます。

ドレミファソラシドと音階があるとすると、頭のドに対して

同じド:1度レ:2度ミ:3度ソ:5度

と表すことができます。

他の音ならその音から度数を数えます。

 

和音の構成

基本的な和音は1度3度5度の3つの音で構成され三和音と呼ばれます。

ドレミファソラシドでいえば、ドミソで1つの和音ミソシで1つの和音ということです。

この和音の1度の音は中心の音で、根音(ルート)と呼ばれます。それに対し3度の音は第3音、5度の音は第5音と呼ばれます。

音階上の和音:呼び方

音階にはドレミファソラの7つの音がありますから、当然7種類の和音ができますよね。

その中でドを中心とした和音(ドミソ)は1の和音といい、その音階の中で最も基本的な和音として機能します。

そして、順にレファラの和音を2の和音、ミソシの和音を3の和音…と上がっていきます。

中でも1の和音4の和音5の和音主要三和音と呼ばれます。

 

音階上の和音:響きの違い

ただ、音階はすべての音が一定の音程幅で上がっていくわけではありません。

ファとソの間とシとドの間だけ半音の間隔で、あとは全部全音(半音2つ分)の間隔なので、それぞれの和音が同じ響きではないのです。

同じ響きの和音で分けてみるとこんな感じです。

(長調の場合、括弧内は根音)

  • 1(ド),4(ファ),5(ソ)の和音:長三和音(メジャー)

明るい響き

  • 2(レ),3(ミ),6(ラ):短三和音(マイナー)

暗い響き、3度の音が長三和音に比べて半音低い

  • 7(シ):減三和音(ディミニッシュ)

不安定な響き、5度の音が短三和音に比べて半音低い

 

これは基本的な長調の場合で、短調や特殊な音階になればまた変わります。

 

コードネーム

さらに実際の音階では、それぞれの和音の名前(コードネーム)で呼ぶことができます。

ハ長調(Cメジャー)を例にとると

  • 長三和音の1,4,5の和音→

「C(シー、シーメジャー)」「F(エフ、エフメジャー)」「G(ジー、ジーメジャー)」

  • 短三和音の2,3,6の和音→

「Dm(ディーマイナー)」「Em(イーマイナー)」「Am(エーマイナー)」

  • 減三和音の7の和音→

「Bdim(ビーディミニッシュ)」

これらは調が変われば音名部分も変わってきます。

 

まとめ

ピアノ ニット

とりあえず今回のまとめとしては、

  • 音階の中の音程は1度2度…と表せる
  • 和音は基本的には1度3度5度で構成される
  • 音階の性質上、音階の中でも和音の性質は異なる
  • 実際の和音はコードネームで呼ぶことができる

これだけ押さえれば大丈夫です。

和音を知っていると、ハーモニーを簡単に作れるようになりますし、自分が基準の音なのか、それとも合わせるべき音なのかがわかるようになって便利ですよ。

 

また今回のポイントの3番目「音階の性質上、音階の中でも和音の性質は異なる」というポイントが、次に紹介する「コード進行」のカギになってきますのでよく覚えておきましょう。

というわけで、次回はコード進行についてご紹介しますよ。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です