音楽のご縁を繋げるために気をつけたい事とは?メンタルトレーニング・ギャラ編

音楽のご縁を繋げるために気をつけたい事とは?メンタルトレーニング・ギャラ編

 

以前の記事で、プロを目指す時に迷いがちな二択や、ミュージシャンシップ環境について等をお話しさせて頂きました。

 

今回は、音楽を生業にしていく上で欠かせない「ご縁」を逃さないために、フォーカスしすぎてはいけない事について、考えてみたいと思います。

 

 

スピーカー前の男性

音楽の道の選択を誤らないために

 

生業にして行く事と矛盾があるように思えますが「お金を追わない事」は大事です。

 

これは、実際に大きな成功を手にしている作曲家の先生から聞いた台詞なのですが、実はとても深い言葉だと思いました。

 

仕事を受ける時にギャラで判断する事は大事です。

物理的に不可能な仕事の場合は断るほかありませんが、それ以外の判断基準は、やはり仕事のジャンルやお金になります。

ギャラが安いから断るというのもアリです。

 

しかし、実はお金は後からついて来るものなのです。

 

人には生活があるので、ギャラは当然大事ですが、「お金だけで判断する」というのは、選択を誤る場合もあるという事なのです。

 

 

ギターを弾く人

楽しみながら練習して、実力をつけておく

 

毎日ツアーに出ている演奏家が、交通費にも満たないギャラで地方に演奏に来てくれ・・・と言われても、さすがに困ります。

 

でも、自分の空いている時間帯に、地下鉄一本で行ける先のバーで演奏してほしい、という話しを、ギャラが安いから、やりたい事でもないから・・・と断るというのは、間違っています。

 

お金よりもその仕事の価値が大事であり、お金を判断基準にしていると、ひとつのキャリアや、そこで出逢うご縁も逃してしまいます。

 

自分の実力やキャリアが加われば、自然とそれに伴ったギャランティーは後からついて来ます。

 

Coolish Musicオンラインレッスンで、隙間時間を使ってコツコツ練習し、今からスキルを磨いておきましょう!

 

 

笑い合う友人達

音楽の仲間を大事にしたい

 

音楽や芸能分野で多いのが、マネージメントやエージェントの大小や売り出し方、ギャラなどに、売れる前から過敏になる事。

 

走り始めてもない頃から、自分がどうしたい、何が欲しいという意見を出す人や、始める前から仕事のギャラに翻弄されている人は結構多いのです。

 

しかし、「お金やブランドだけ」で判断した仕事は上手くいかない事や継続しない事がほとんど。

お金を追わず、人や仕事の価値を見て受けた事ならば、必ず後々の仕事やご縁に繋がります。

 

仕事を受けたら「本当にやる理由(断る理由)があるのかどうか」を考えてみるべきです。

 

 

海外のミュージシャン達がオファーを受ける時は、十分なギャラを最初から提示されますので入り口の環境としてはラッキーですね。

 

しかし、その額にこだわる人が少ないのも確かで、仲間同士となると無償で助け合うことも多いのです。

全くお金面を見ていません。(笑)

 

仲間が困っている時は、無償で助けてくれ、お礼に今度は自分も協力する。

もし売れたらみんなで分けましょうというスタンスですが、稼げるかどうか分からない時にお金の話しをしても仕方ない。それよりもまず良い音楽を作る事に協力しますよ、という姿勢なのです。

彼らはむしろ、お金面よりも関わる仕事や仲間を選びます。

 

人間、自分が得か損か、始める前から考え過ぎて欲が出る事がほとんど。

欲を出して考えた事に、次はありません。

 

お金を追う前に一番に大事にすべきは、ご縁と仕事の価値。

良い作品に携われたならば、ギャラが安くてもそれは一生の価値になります。

 

サックスを持った女性

レッスンを始めよう!

 

プロを目指したい方も、音楽を気軽に楽しみたい方も、まずは最初の一歩としてレッスンから始めてみませんか。

 

Coolish Musicオンラインレッスンなら、空いた時間を利用して楽器を学ぶことができるのでおすすめです。

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です