サインイン

音楽コラム

プロを目指す時に陥りがちな負のループとは?メンタルトレーニング・オファー編

プロを目指す時に陥りがちな負のループとは?メンタルトレーニング・オファー編

エンターテインメントの世界でプロを目指している方や、これからプロを目指そうとしている時、陥りがちな負のループがあります。

 

それは「好きな音楽をやるか」「売れる(食べていける)音楽をやるか」という二つの選択肢に迷い続ける事です。

 

どちらを目指して進めるべきでしょうか。

 

 

楽譜

結論、どちらでも変わりない

 

いきなりの結論ですみません。(笑)

 

周りからも、上記のどちらに進むか悩んでいるという意見をよく聞く事があります。

 

極論から言えば「好きな音楽を続けていたら売れていた」が正解。

 

しかし、売れる音楽というのは一握り。それも無責任な意見なので、この意見は省きます。

 

でも、考えてみると、好きな事を続けるか、売れるためのものをやるかって、図々しい意見だと思いませんか。

 

好きだから音楽を続けているのであり、売れても売れなくても、好きなものに変わりはありません。

 

そして、売れる音楽をやるチャンスがあるのでしたら、やるべきです。

 

 

「音楽」に悩む理由はない

 

例えば「自分の考えているスタイルと違う演奏のオファーが来た、どうしよう」と、悩むとします。

 

好きな事を確立すべきか、食べるために何でもやるべきか・・・

 

しかし、音楽が好きで音楽を続けているのに、頂いた話しを蹴るくらいなら、音楽で生活する事を考えるのはやめた方がいいと思います。

 

そこで漫才を披露してくれと言われたら、全く別の話しですし、音楽でも、その仕事を受ける事でアーティストとしての人格的利益の損失になるのであれば断るべきですが、そうではない場合、どこに断る理由があるのでしょうか。

 

音楽キャリアのない時点で、頂いた話しを断るかどうか、答えはひとつです。

 

 

サックスを吹くミュージシャン

ジャンルの違う音楽は大チャンス

 

自分が目指すところのジャンルとは全く違うジャンルの演奏オファーが来たら、大チャンスです。

凝り固まった自分の音の世界から幅を広げる事ができます。

 

例え、自身が目指すスキルよりも楽な場所であっても、驕るべきではありません。

 

そこから繋がる縁もあります。

 

 

草原の中の友人たち

ご縁と練習だけ

 

無名有名に関わらず、音楽でプロとして生活している方は、お声がかかった事を有り難く受け続けて来た結果、後々の活動や生活の基盤に繋がったという方がとても多いです。

 

最初から自分の好む音楽のジャンルやオリジナル曲だけを追求し、それで成功した人は極めて「稀」と言えます。

 

エンターテインメント業界で大きな成功を収めている方は、概ね「稀」な方で、当初より確立されたジャンルで挑んでいる方が多いのも事実ですが・・

 

しかし、それも「周りの縁で結果的にそうなっていた」という方がほとんど。

 

最初から自ら意気込んで「自分はこういうスタイルで行く!」と決め、自らが仕事や活動場所を選んできたわけではなく、音楽を続けていたら自然と周りに選ばれたり、好まれたり、自分好みのスタイルにコーディネイトしてくれる方々にご縁が繋がった結果論です。自身が意図したわけではありません。

 

そこには、環境や才能、時代なども関係してくるかもしれませんが、共通しているのは、人の「縁」と「継続」です。

 

「好きな音楽を続けるか」「売れる音楽をやるか」これらの迷いがちな二択は、自分を周りにどう見せたいかという自分本位な意見。負のループ以外の何でもありません。

 

プロとして活動している方はそんな事を考えるよりも、練習をしています。

 

その成果を認められ、声をかけられた事には素直に喜びます。

 

そして、音楽を変にカテゴリーで分けて考えたりせず、ミュージシャン同士のリスペクトや、人とのご縁を大事にしています。

 

Coolish Musicオンラインレッスンで、空いた時間を使って演奏スキルをキープしましょう!

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です