ジャズピアノのススメ

ジャズピアノのススメ

ジャズピアノは一度誰しもが耳にしたことがあると思います。

 

ホテルのラウンジ、カフェなど静かにゆったり過ごすスペースによく流れます。

 

今回は「ピアノを始めた」という方向けにピアノが活躍するジャンル「ジャズピアノ」を紹介できればと思います。

 

ジャズピアノとは

jazz piano
ビッグバンドジャズ、コンボジャズ、そしてソロ。様々な編成で活躍することができます。

 

ビッグバンドやではリズムセクションとして、ベース、ドラム、ピアノの編成ではメインメロディを担当するなど楽しみ方も色々です。

 

メインメロディのほかにもアドリブ・ソロを取ることが多く、コード進行に合わせて即興で演奏を披露する機会があるなどやりがいもあります。

 

 

ジャズピアノがカッコいい曲

lady plays the piano

ビッグバンドジャズ編

今回紹介する曲は「Swinging Fingers」です。クラシックに例えるとピアノ協奏曲と同じようにピアノが主体となっている構成です。

 

曲自体も終盤に「ハーフタイム」というテンポが大きく変化する場所もあり見どころの多い構成ですのでぜひご覧になってみてください。

ジャズコンボ編

日本ではアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の挿入歌としても使われており、耳にしたことがあるかもしれません。

 

「Fly me to the moon」という曲を紹介します。

 

今回はピアノ、ベース、ドラムの3人編成で演奏している様子です。

 

ジャズピアノ ソロ編

ジャズピアノソロ編で紹介するのはチック・コリアというジャズピアノ奏者が作曲した「Spain」です。

 

本人が演奏している様子を頭上から撮影した動画になります。

 

 

ジャズピアノを学ぶには

music lesson

 

ピアノの基本的な演奏方法はもちろんのこと、ジャズの理論なども合わせて勉強する必要があります。

 

アドリブ・ソロの取り方、コンピングなど知識の要素が求められるようになります。

 

知識だけではなく実践経験も必要です。もし住んでいる近くのジャズセッションいわゆる実践の場を探したい場合はぜひ下記リンクをのぞいてみてください。

 

@jazz

出典:ジャズ総合情報 @Jazz(アットジャズ)

https://www.jazz.co.jp/

 

独学でももちろん達成可能なのですが、Coolish Musicではジャズピアノを学びたい人向けの講座を用意しておりますので気になる方はぜひ一度お問い合わせください。

 

まとめ

いかがでしょうか? ジャズピアノというジャンルは即興性が求められる分、できるようになれば演奏の幅が広いです。

 

理論の勉強などが大変な部分はありますが、一度見についてしまえばどのような曲でもアドリブ・ソロを演奏できるようになり、楽しみも広がっていきます。

 

興味を持たれた方はぜひ挑戦してみてください!

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です