楽器をやりたい初心者のための講座 ―ジャズ―

楽器をやりたい初心者のための講座 ―ジャズ―

前回の吹奏楽クラシックに引き続き、今回も音楽ジャンルをご紹介しましょう。

今回は黒人音楽の象徴、ジャズです。

他の音楽にはないムーディーさで多くの人から人気を集めているジャンルです。

 

 

ジャズとは

 

ジャズは19世紀から20世紀にかけて生まれ、黒人特有のノリ西洋音楽の理論が融合して生まれた音楽です。

一口にジャズと言ってもありますが、大きな特徴としては独特な音階(ブルー・ノート)和音、そして複雑なリズムスウィングアドリブなどが挙げられるでしょう。

 

 

構成楽器

ジャズではあまり使用楽器に制限がなく、いろんな楽器が使用されます。

ただし、よく使用される楽器はあり

  • サックス
  • ピアノ
  • ベース
  • ギター
  • ドラム
  • トランペット

などが使用頻度が多いです。

またビックバンドなどの大編成ジャズになると上記の楽器に加えて

  • トロンボーン

なども登場します。

自由な音楽であるがゆえに、柔らかい発想でいろんな楽器も使用されるのです。

 

魅力

ジャズの魅力はたくさんありますが、今回は3つに絞って紹介します。

 

おじゃれで独特な雰囲気

ジャズの魅力といえば、まずはその音色や雰囲気です。

ジャズはクラシックにはない独特な音階を使用するがゆえに、普通の和音よりもおしゃれな和音となり、音楽もおしゃれで夜の雰囲気となります。

その音楽は他の音楽では味わえない世界観を生み出すのです。

 

独特の自由なノリ

ジャズはその由来からノリを非常に重んじます。

リズム面でもクラシックにはないスウィングなどのリズムや複合リズムを多用しますし、グルーヴの様な概念も重んじられます。

また同じ曲でも奏者が変わると別の音楽になるぐらい自由な演奏をするので、技術・雰囲気ともに形式的なクラシックよりその場のノリを大切にするのです。

 

アドリブ演奏

そしてジャズといえばアドリブ!

アドリブ演奏がなければジャズじゃない!というぐらいアドリブがあるのがジャズです。

自分の考えたメロディーを直感でアドリブにしていく、そんな体験ができるのはジャズだけなので、自分を出していくにも非常に魅力的な音楽です

 

向いている人

以上の魅力を踏まえて、ジャズに向いているのは、

  • おしゃれな音楽がしたい人
  • ノリを大切にしたい人
  • アドリブで自分を主張していきたい人

 

こんな人たちです。

やはり他の音楽にはない音楽観と自由度で音楽ができるのが魅力ですね。

 

 

まとめ

 

ジャズ ベース ドラム

 

ここまでジャズについて簡単にご紹介してきましたがいかがでしたか?

やはり人気の音楽だけあって、独特の魅力を確立していましたね。

楽器を始めるなら、こんな音楽もゆくゆくはやってみてはいかがですか?

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です