サインイン

音楽コラム

楽器を始めたら挑戦したい ジャズコンボ編

楽器を始めたら挑戦したい ジャズコンボ編

今回は「ピアノ」、「ギター」、「サックス」の演奏を始めた方が参加しやすいジャズコンボバンドという編成を今回は紹介したいと思います。

 

こんな方にオススメ

  • 少人数で楽しんで演奏をしたい方
  • 自分の好きなタイミングで演奏を楽しみたいという方

 

ジャズコンボとは

少人数編成で演奏される形態。楽器はギター、ベース、ドラム、ピアノなどリズムセクションと呼ばれる楽器にサックス、トランペット、トロンボーンなどが加わります。

 

一般的にはリズムセクションであるベース、ドラム、ピアノがいれば曲が成り立つため、それ以外の楽器は好きに加わることができるのも特徴です。

 

演奏するジャンルとしてはジャズ、フュージョン、サンバ、ボサノヴァなど多岐にわたります。

 

J-POPの場合だと「椎名林檎」さんなどがよくジャズコンボのような編成で曲を披露していることがあります。

 

ジャズコンボの魅力

街中でのセッション

なんといっても気軽に参加しやすいという点だと思います。

 

街にジャズバーなどがあれば「オープンジャムセッション」と呼ばれるイベントを開催しています。

 

このイベントは自分の楽器を持ち寄り、好きなタイミングで自分の好きな曲を演奏することができたりします。

 

たとえば、「Fly me to the moon」などを演奏したい場合、リズムセクションの人に伝えれば、その場で演奏ができます。

 

またバーにいる人から「この曲は演奏できる?」などとその場で誘われて即興でバンドを組んで演奏を楽しむことができます。

 

ジャズコンボの曲

私もよく演奏するくらい好きな曲である「Strasbourg- St.Denis」を紹介します。

 

 

ジャズコンボのもう一つの特徴はアドリブ・ソロを披露する機会が多いです。

 

アドリブ・ソロは基本的に管楽器、ピアノ、ベース、ドラム全員が順番に演奏します。

 

演奏する場所にもよるのですが、初心者でも歓迎しており、ミスを気にせずアドリブ・ソロを演奏することができます。

 

ジャズコンボに参加するには

question

全国各地のジャズバーなどのオープンジャムセッションについてまとめたサイト「@ JAZZ」が探すのに便利です。

 

@jazz

出典:ジャズ総合情報 @Jazz(アットジャズ)

https://www.jazz.co.jp/

 

関東地方が多く、地域により偏りはあるのですがジャズセッションに関する情報収集をすることができます。

 

1人で参加するのはハードルが高いように感じますが、一度飛び込んでみるとその場でジャズをともに楽しむ仲間を見つけることができます。

 

そこからバンドを結成してジャズプロムナードなどの各地イベントに参加するようになるのも夢ではありません。

 

まとめ

いかがでしょうか? ジャズコンボの魅力はその場ですぐに演奏に参加できることです。

 

休日など自分の好きなタイミングで参加することができるので、「毎週練習がある楽団だと続かないけど月に2,3回くらい演奏したい」という方向けでもあります。

 

どのようなバンドに参加するか迷っている方は是非一度挑戦してみてください。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です