Sign In

日本の著名な作曲家 「山田耕作」

日本の著名な作曲家 「山田耕作」

クラシック、ジャズ、ポップス。世の中にはさまざまなジャンルの音楽にあふれています。

 

素晴らしい演奏家も数多くいますが、彼らが演奏する音楽は「作曲家」が作ったものです。

 

今回は日本の著名な作曲家から日本に管弦楽団を最初に持ち込み、日本における西洋音楽普及に努めた「山田耕作」を紹介していきます。

 

山田耕作

画像出典:amass.jp

日本初の管弦楽団を創立させる最初の日本人となった「山田耕作」

 

また、多くの校歌や管弦楽曲など幅広いジャンルの音楽を作曲しており「全国高校野球選手権」の入場行進曲や童謡「赤とんぼ」などは皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

彼は東京都文京区に生まれ、13歳のころウェールズのパイプオルガン奏者から音楽の手ほどきを受け音楽の道へ進むことを決意します。

 

東京藝術大学に入学後は、三菱財閥の支援を受けドイツで作曲の勉強を行い、日本人初の交響曲を作曲するに至ります。

 

その後はアメリカのカーネギーホールで自作した楽曲の演奏会を行ったり、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団などの指揮を行うなど国際的な活躍をするほかに、NHK交響楽団の前身となる組織を発足させるなど尽力しました。

 

山田耕作のオススメ楽曲

オーケストラ 俯瞰

赤とんぼ

おそらく小学生のころなどに一度は耳にしたころがある「赤とんぼ」

 

日本の代表的な童謡で赤とんぼを見て、昔を懐かしく思う郷愁あふれる作品です。

 

また最近ではこういった日本の童謡などがジャズアレンジされていたりと身近な存在となっています。

 

ピアノやサックスなどを演奏される方は日本の楽曲にもぜひ目を向けてはいかがでしょうか?

 

全国高等学校野球選手権 入場曲

夏の風物詩と呼べる「夏の甲子園」

 

その入場曲は山田耕作により作曲され、第21回大会より毎年使用されており「栄冠は君に輝く」などともに甲子園の定番曲といえる作品です。

 

まとめ

作曲家の名前は知らなくとも聞いたことがある楽曲を紹介させていただきました。

 

ジャズアレンジなどして楽しめる楽曲も多いのでこれを機に日本の作品などにも耳を傾けていただければ幸いです。

 

Coolish Musicでは「楽器を始めてみたい」「楽器をさらに上達させたい」という方たち向けにプロの奏者による「マンツーマンのオンラインレッスン」をご提供しております。

 

 

初心者の方から上級者の方までご要望に合わせたマンツーマンレッスンを実施しております。

 

マンツーマンなので「遠慮なく質問を行える」「周りの目を気にせずレッスンに集中できる」という環境が揃っており、「入会金0円」ですぐにレッスンを開始できます。

 

ご興味がございましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です