日本の著名な作曲家「植松伸夫」

日本の著名な作曲家「植松伸夫」

クラシック、ジャズ、ポップス。世の中にはさまざまなジャンルの音楽にあふれています。

 

素晴らしい演奏家も数多くいますが、彼らが演奏する音楽は「作曲家」が作ったものです。

 

今回は日本の著名な作曲家からゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの楽曲を多く手掛け、「世界で尊敬される日本人100選」にも選ばれた「植松伸夫」を紹介します。

 

 

植松伸夫

画像出典:RittorMusic

12歳のころ家にあるピアノを遊びながら始めたことをきっかけに音楽にのめり込みます。

 

最初の作曲も小学生のころに行っていますが、音楽大学を卒業するなど専門的な教育は受けておらず音楽の成績は高い方ではなかったようです。

 

大学卒業後、CM音楽制作などを経て、「ファイナルファンタジー」を作ることになる現在のスクウェア・エニックスに入社をしました。

 

入社後は、ファイナルファンタジーシリーズをはじめ、「クロノ・トリガー」など30作のゲーム音楽を手掛けます。

 

植松伸夫のおすすめ楽曲

オーケストラ

Final Fantasy

ファイナルファンタジーシリーズで共通で使用されている楽曲です。

 

ゲームに触れない人にはなじみがないかもしれませんが、日本のCMにも使用されるなど耳にしたことがあるかもしれません。

 

 

Eyes on me

「ファイナルファンタジー8」の作品の中で歌われる楽曲です。

 

ゲーム音楽としては日本の洋楽チャートなどで19週連続1位を獲得し、セールスも50万枚を超えるなど大ヒット作品となりました。

 

歌詞はゲーム中に登場する人物の瞳に惹かれた女性がその思い出を歌った内容となっており、切ない曲調もあいまって感動的な楽曲となっています。

 

ザナルカンドにて

 

元々はフルート奏者に楽曲提供をするために製作された楽曲なのですが、あまりにも局長が悲しいとのことでお蔵入りしていました。

 

しかし、「ファイナルファンタジー10」のオープニング映像に合わせて演奏したところあまりにもマッチしたため、そのまま使用されることになったようです。

 

bsp;

 

まとめ

ゲームをしない人はなかなか触れる機会がない楽曲が多かったと思いますが、ゲームのストーリー含めて楽曲を楽しめると新たな発見につながると思います。

 

海外でも人気の楽曲が多いため、ゲームファンの友達に演奏してあげると喜ばれること間違いなしです。

 

Coolish Musicでは「楽器を始めてみたい」「楽器をさらに上達させたい」という方たち向けにプロの奏者による「マンツーマンのオンラインレッスン」をご提供しております。

 

 

初心者の方から上級者の方までご要望に合わせたマンツーマンレッスンを実施しております。

 

マンツーマンなので「遠慮なく質問を行える」「周りの目を気にせずレッスンに集中できる」という環境が揃っており、「入会金」もなくすぐにレッスンを開始できます。

 

ご興味がございましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です