サインイン

音楽コラム

【保存版】楽器の始め方 5ステップで紹介

【保存版】楽器の始め方 5ステップで紹介

楽器を始めてみたいけど、難しいしお金もかかりそう。

 

そのような風に思われている方も多いと思います。

 

今回は「楽器を始めてみたい」「最初はあまりお金をかけずに始めたい」という方向けに楽器の始めかたを5ステップで紹介したいと思います。

 

  1.  始める楽器を選ぶ
  2.  楽器を手に入れる
  3.  まずは音を出してみる
  4.  やりたい楽曲を選ぶ
  5.  プロの講師にアドバイスを受けてみる

 

始める楽器を選ぶ

楽器販売店

楽器にはさまざまな種類があります。

 

弦楽器、鍵盤楽器、管楽器、打楽器などそれぞれに魅力がありなかなか選ぶのが難しいところです。

 

各楽器の魅力をまとめた記事がありますのでぜひのぞいてみて自分がやりたいと思える楽器を探してみてください

 

 

これらの楽器はとてもポピュラーな楽器なので楽団やバンドを見つけたいと思ったときに探しやすいです。

 

楽団やバンドの探し方は「こちらの記事」からどうぞ

 

楽器を手に入れる

帽子がかかったサックス

こちらが一番ハードルの高い段階かと思います。

 

しかし、今は楽器を手に入れる際も選択肢が多く、入門用の楽器を購入するか楽器をレンタルするなどもできます。

 

「楽器を選ぶ」の項目で紹介させていただいた楽器の入門用であれば2万円から手に入れることもできます。

 

しかし、入門用の楽器はどうしても品質などがよくなく、楽器を始めてある程度時間が経過したら中級者用や上級者向けの楽器を買いなおすことになってしまいます。

 

そのため、ある程度のレベルの楽器を入門時から使いたい場合は「レンタル楽器」もオススメです。

 

レンタル楽器のいいところは楽器が気に入った場合、購入することもできます。

 

逆に合わない場合も手放すことができるのでピアノなどの大型楽器を始める方にはオススメです。

 

 

まずは音を出してみる

jazz trumpet

いきなり楽器を上手に演奏することはできません。

 

誰でも最初は初心者という段階を経て楽器が上達していきます。

 

いきなり、レッスンをスタートするのもいいのですが、音を出すということを始めるのがおススメです。

 

筆者も最初は音楽室にあるトランペットを何気なく遊びで演奏し始めたのが最初です。

 

やりたい楽曲を選ぶ

music lesson

筆者の場合はジブリ映画「天空の城ラピュタ」で主人公のパズーが演奏する「ハトと少年」という曲が目標曲でした。

 

みなさんも始めた楽器でどうしても演奏してみたい楽曲を見つけて、最初はその楽曲を練習してみるのがおススメです。

 

楽器屋で販売されている曲集などもいいのですが、今はスマートフォンアプリでも無料でいろんな楽曲を探すこともできます。

 

私のオススメは「Muse Score」というアプリです。

 

ピアノの譜面が多いのですが、管楽器や弦楽器の譜面もあります。

 

いろんな楽曲を演奏できるようになりたい場合はピアノ譜面を読めるようになると応用が利くようになるのでおススメです。

 

プロの講師のアドバイスを受けてみる

Crop blurred girl smiling and writing in notebook near laptop during online guitar course at home

初心者の方が何も知らない状態でレッスンを受けるのもいいのですが、少し楽器になれた状態からレッスンを受けるのをオススメします。

 

「何がわからないか分からない」という状態だと質問も限られますし、もったいないことが多いからです。

 

また、独学で楽器を練習し続けると悪い癖などがついてしまう場合もあるので、楽器を始めて1カ月ほどのタイミングでレッスンを受けるのをオススメします!

 

まとめ

Coolish Musicでは「楽器を始めてみたい」という方向けにプロの演奏者による「マンツーマンのオンラインレッスン」をご用意しています。

 

「入会金0円」ですぐに始めることができ「何度でも質問できる」「周りの目を気にせずレッスンに集中」できる環境を整えております。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です