Sign In

自宅で音楽活動を始めてみよう!自宅で今すぐやれる事④ディストリビューションをはじめよう

自宅で音楽活動を始めてみよう!自宅で今すぐやれる事④ディストリビューションをはじめよう

 

前回の記事では、簡単な作詞の始め方をご紹介しました。

 

今回は、既にオリジナル楽曲制作を始めている方で、まだパブリック展開を始めていないと言う方に向けて初期段階のお話しをさせて頂きます。

 

Youtube配信も手軽でいいけど、よりプロっぽく活動するならばディストリビューションを始めてみましょう。

 

 

 

ディストリビューション・音楽配信する

 

音楽におけるディストリビューションとは、CD Baby、Frekul、TuneCore、BIG UP!等を始めとするデリストリビューション会社(音楽配給会社)を通じ、プラットフォーム上で楽曲を配信する「音楽流通」の事です。

 

音楽活動をパブリック展開していくにあたって必要なものって何でしょう?

 

  • ディストリビューションの橋渡しをしてくれる音楽配給会社を指す「アグリゲーター」
  • プラットフォームであるCDショップやiTunesなどを指す「ディストリビューター」
  • 広告や宣伝のお手伝いをしてくれる「パブリシスト」
  • プロの方であれば、レコードレーベルや事務所などを指す「エージェント」や「マネージメント」

 

以上は最低限必要です。

 

アグリゲーターは、世界規模では圧倒的にCD Babyのシェアが多いですが、現在は利用の有料や無料、サポート体勢なども様々で目的や自身の立場によって探すことができます。

 

オーディション式で音源を厳選し総合サポートをしてくれる所や、年会費制や楽曲ごとに配信の基本料金を払う所等、昔に比べ簡単に利用できる所も増えました。

 

現代は動画ありきの時代なのでYoutubeも必須ですが、音源だけの配信であれば、iTunesに限らずストリーミング系もバンバン配信することをおすすめします。

 

実際にダウンロードも売れない時代になりつつありますので、売ることを考えるよりも、聞いてもらう事が先。

 

Google Play Musicや日本であればLineも重要ですが、Spotifyはかなりおすすめです。

海外ではiTunesよりもSpotifyで音楽ファインディングするのが主流ですので、国外からのアクセスは圧倒的に多いですよ。

 

 

 

音楽を楽しむ人たち

個人で音楽を楽しみながら活動

 

個人で活動する方であれば、共同作業をする仲間や、イベンターやオーガナイザー、ライブハウスなどのコネクションも大切です。

 

共同作業する仲間がいると展開のスピードが違いますし、いつでもライブ演奏をできる場所があると活動のペースも整いやすく、一定のファンを掴みやすいです。

 

 

 

握手をするビジネスマン

音楽で稼ぐなら

 

税理士や弁理士、弁護士などの人脈や相談場所を把握しておくと尚ベターです。

 

と、言うのも、音楽は知的財産であり、著作権はつきもの。

 

自己満足で配信している分には全く問題はありませんが、嬉しいことにその楽曲が売れた場合や、急に収入が増えてしまった場合等、お金や著作に絡む問題に悩まされる日が来るかもしれません。

 

お金の管理ならば税理士、権利関係ならば弁護士や弁理士に相談しましょう。

管理が苦手な方であれば尚更、個人でむやみに策を出すべきではありません。

 

弁護士はトラブルに巻き込まれた時の解決を求める場合ですので、相談のみなら弁理士もおすすめです。

弁理士は知的財産権を専門に扱う法律家です。作品を保護すると言う部分に重点をおいた案を提示してくれます。

 

まだまだそこまでは・・・と言う場合は、まだ必要ありません。(笑)

 

ただ、これだけ自由に自分の作品を公開できる時代です。

 

アートも曲も、誰でも簡単にコピーして保存できるのですから、常に音楽作品は自分の財産である意識を持っておく事が大事です。

 

次の記事では、知的財産権についてミュージシャンが最低限覚えておきたい2つの事をご紹介します。

 

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です