サインイン

音楽コラム

初めてのトランペット選びで意識したいメーカー・ブランド!

初めてのトランペット選びで意識したいメーカー・ブランド!

前回はトランペット選びで注意すべきポイントをご紹介しました。

今回は続きということで、トランペットを生産しているメーカーをご紹介していきます。

メーカーによっても音色は全然変わるので、意識してみていきましょう。

 

 

トランペット製造の代表メーカー・ブランド

 

トランペットは音楽の花形楽器だけあり、数多くのメーカーが製造しています。

しかし、メーカーごとに特徴は大きく異なり、特に国の違いは音色の違いに大きく影響します。

 

 

YAMAHA

まずは日本の代表的な楽器メーカー・YAMAHAです。

トランペットに限らず多くの楽器を製造しており、日本の教育現場でも数多く採用されています。

そのため、初心者や中級者向けの品ぞろえが多く、どんな人でも吹奏感や音程が安定しやすいのが特徴です。

一方で、「個性といった個性がない」という評価をされやすい部分もあります。

Bach(バック)

続いて、アメリカの老舗メーカーであるBachです。主にトランペット・トロンボーンを製造しているBachは、日本でもYAMAHAとと並んで有名なメーカーです。

Bachのトランペットは約100年もの歴史を持ち、世界中の人々から愛されています。

アメリカ楽器特有のしっかりとした鳴りと豊かな音色が特徴です。

初心者の場合、トランペットだけではなくマウスピースなどもBachの物から始める人が多いですね。

Schilke (シルキー)

続いてはアメリカの有名メーカー・Schilkeです。

Schilkeは音程楽器の反応の良さ遠くまで通る音色を特徴とし、トランペットの中でも最高峰と呼ばれるメーカーです。

トランペット吹きなら誰でも一度は憧れるメーカーでしょう。

最高峰だけあって、作業工程も綿密に行われており、トランペットの製造業界では基準となっているほどです。

初めての楽器でなくとも、いつかは吹いてみたいメーカーですね。

XO(エックスオー)

続いては、トランペット専門ブランド・XOです。

1995年に株式会社グローバルが開発したブランドで、比較的歴史が浅いながら進化と改良を重ねて、世界的ブランドの地位まで上り詰めました。

軽い音色や吹奏感音程がとりやすいため、YAMAHAの初心者モデルなどを経て、新しい楽器を試したいひとに好まれやすいです。

 

B&S(ビーアンドエス)

最後は、最高水準を誇るドイツの金管楽器ブランド・B&Sです。

B&Sはチューバをメインに製造していますが、トランペットでも有名なメーカーです。

特にドイツの軍楽隊ではB&Sの採用率がかなり高いそうです。

昔のBachを思わせるしっかりとした豊かな音色正確な音程感で、多くの人から人気を集めています。

 

 

まとめ

 

トランペット ケース

 

ここまで楽器のメーカー・ブランドについて簡単にご紹介してきましたが、いかがでしたか?

これ以外にも様々なメーカーがありますが、初めての楽器選びにはこれだけ押さえておけば問題ないでしょう。

最後は好みなので、いろんなメーカー・ブランドの楽器を吹いてみて、自分に合ったものを選びましょうね。

CoolishMusicのレッスンでも楽器の相談は受け付けているので、困ったら気軽に相談してくださいね。

こちらも読まれています

Comments (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です