★初めてのエレキギターにはこれを!必要な道具8選

★初めてのエレキギターにはこれを!必要な道具8選

カッコよくて始めたエレキギター!しかし、道具がないと引くことすらできません…

エレキギターを始めて間もない人は、どの道具を揃えたらいいかわかりませんよね。

今回はエレキギター初心者に向けて、実際にどんな道具が必要なのかご紹介します。

 

 

初めてのエレキギターに必要な道具8選!

 

実は某通販サイトを使えば、エレキギターの必要道具が全部入った初心者セット(もちろん本体込)は大体1万円強ぐらいで買えます。

続くか不安な人には、それもおすすめです。

しかし、本体は安物なので、続ける気持ちがある人には少し物足りません。

もし最初からしっかりした楽器がほしいなら、残念ながら自分で道具をそろえなければなりません。

なので、ぜひこのページを参考にしてくださいね。

 

アンプ

いわゆるスピーカーです。エレキギターの振動が電気信号としてこのアンプに伝わって音が出ます。

音を大きくもできるので、エレキギターにはなくてはならない道具です。

大きさは大小さまざまありますが、練習用ならミニアンプやヘッドフォンアンプを買うといいでしょう。

 

シールド

エレキギターとアンプをつなげるケーブルです。電気信号を送るための導線ですからこちらも必須になります。

ただ、こちらは初心者が聞き取れるレベルの音への影響は少ないので、手ごろなものを買えば大丈夫です。

 

チューナー

音の細かいズレを確認するための道具です。

ギターは6本の弦それぞれに、開放時(何も押さえていない時)の基本の音の高さが決まっています。

音の小さい高さの差で、ギターのハーモニーが綺麗か汚いかが変わるので、細かい差を読み取れるチューナーは初心者には必須です。

 

ストラップ

ギターを首からかけるための道具です。

無くても弾けないことはないですが、誤って落とすとギターが壊れる可能性もあります。

弾くときの安定感もなくなるので、買っておいた方がいいです。

 

ピック

ギターの弦を弾くために必要になります。

使わないで演奏する方法もありますが、エレキギターの場合は間違いなく必要になります。

それにロック的に「かき鳴らす」のにもピックを使うので、1つは持っておきましょう。

なお、ピックの材質や堅さで微妙に音が変わるので、こだわる人もいます。

 

ギターケース・ギタースタンド

ギターを安全に管理したり運んだりするために必要です。

持ち運ぶ予定があるなら両方か最低でもケース、家だけで弾くならスタンドがあると便利でしょう。

 

カポタスト

ギターに挟んで弦を押さえる道具です。

曲の調によって複雑なコードになる場合でも、カポタスト1つで楽になる場合が多いです。

初心者の内は基本コードを覚えるのが精いっぱいだと思うので、基本コードでもたくさん曲が弾けて便利ですよ。

 

エフェクター

エレキギターとアンプの間につなげて電気信号を変え、音の変化を付ける機械です。

初心者の内はなくてもいいですが、出したい音が出てきたら、その音が出せるエフェクターを買うといいでしょう。

 

 

まとめ

エレキギターに必要な初心者向け道具をご紹介しましたがいかがでしたか?

個々はそんなに高くない(※こだわれば高いものもある)ので、1つ1つしっかりそろえて、万全の準備でエレキギターを始めましょうね!

今回は紹介しませんでしたが、ポリッシュやクロスなどのお手入れ道具もあると便利ですよ。

 

ちなみに、もし楽器の練習に困ったら、Coolish Musicのオンラインレッスンがおすすめです。

あなたのスタイルに合わせて、好きな時間・場所で1回からマンツーマンレッスンができます。

もちろん選りすぐりのプロが教えてくれますよ。

あなたの初めてのエレキギターライフをお手伝いさせてください!

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です