★初心者必見!初めてのエレキベースに必要な道具7選

★初心者必見!初めてのエレキベースに必要な道具7選

陰の主役感がかっこよくて始めたエレキベース!しかし、道具がないと引くことすらできませんよね…

でも、エレキベースを始めて間もない人にとって、何が必要なのかもわかりませんよね。

今回はエレキベース初心者に向けて、実際にどんな道具が必要なのかご紹介します。

 

 

初めてのエレキギターに必要な道具7選!

実は某通販サイトを使えば、エレキベース初心者セット(必要道具付き)が大体1万円強ぐらいで買えます。

続くか不安な人には、お試しも兼ねておすすめです。

しかし本体は安物です。ちゃんとしたものを買いたい人や、続ける意思がある人には向かないかもしれません。

となると、本体をちゃんと買って道具も自分でそろえなければなりません。

なので、ぜひこのページを参考にしてくださいね。

 

 

アンプ

いわゆるスピーカーです。エレキベースの振動が電気信号としてこのアンプにつながり音が出るのです。

エレキベース自体がアンプで音を出すことを前提としているので、ヘットフォンアンプかミニアンプのどちらかはもっておいたほうがいいです。

ちなみにエレキギターも同様にアンプを必要とするので、エレキギターの物と間違えないようにしましょう。

 

シールド

エレキベースとアンプをつなげるケーブルです。電気信号を送るために必要なので必須道具ですね。

また、こだわる人はこだわる部分で、確かにケーブルの質で音は変わりますは、割と小さい差なので初心者にはまず違いを感じ取ることはできません。

手ごろなものを買えば大丈夫です。

 

チューナー

音の細かいズレを確認するための道具です。

ベースは4本の弦それぞれ、開放時(何も押さえていない時)の音の高さが決まっています。

音の高さの小さなずれがバンドサウンドの心地よさを大きく左右するので、初心者の内は必ず買って始める前にチューニングを怠らないようにしましょう。

なお、慣れてきたら弦の音の高さを意図的に変えるチューニングをすることもあり、その時にもチューナーが役に立ちます。

 

ストラップ

ギターを首からかけるための道具です。

無くても弾けないことはないですが、安定感が著しく落ちたり、余計な部分に力が入ったり、誤って落としてベースが壊したりする可能性もあります。

初心者ならまず手に入れておきましょう。

 

ピック

ベースの弦を弾くために必要になります。

ベースの場合は指ではじく奏法も一般的なので無理に買う必要はありませんが、指より堅く均一に音を出せるので、1つもっておくといいかもしれません。

ちなみに安い奴なら数百円あれば買えます。

 

 

ケース・スタンド

ベースを安全に運搬・管理するために必要です。

持ち運ぶ予定があるなら両方か最低でもケース、家だけで弾くならスタンドがあると便利でしょう。

なお、ケースはハードとソフトがあり、ハードは頑丈なかわりに重く、ソフトは軽い代わりに耐久性があまりないです。

好みによって使い分けてください。

 

エフェクター

エレキベースとアンプの間につなげて電気信号を変え、音の変化を付ける機械です。

初心者の内はなくてもいいですが、音を歪ませたり、バランス調整したり、残響させたりといろいろできます。

出したい音が出てきたら、その音が出せるエフェクターを買うといいでしょう。

 

 

まとめ

エレキベースに必要な初心者向け道具をご紹介しましたがいかがでしたか?

たくさんありましたが、それぞれの道具は(こだわらなけらば)そこまでたかくないので、1つ1つしっかりそろえて、万全の準備でエレキベースを始めましょうね!

ちなみに今回は紹介しませんでしたが、ポリッシュやクロスなどのお手入れ道具もあると便利ですよ。

 

ちなみに、もし楽器の練習に困ったら、Coolish Musicのオンラインレッスンがおすすめです。

あなたのスタイルに合わせて、好きな時間・場所で1回からマンツーマンレッスンができます。

もちろん選りすぐりのプロが教えてくれますよ。

あなたの初めてのエレキベースライフをお手伝いさせてください!

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です