Sign In

世界の華麗なる舞曲 ワルツ編

世界の華麗なる舞曲 ワルツ編

踊りにかかせないのはやはり音楽です。

 

ダンスミュージックといっても優雅なパーティーで流れるような楽曲やクラブなどで流れる電子音楽など多岐にわたります。

 

今回紹介するのは社交ダンスなどで演目として取り上げられる優雅な踊りをイメージする「ワルツ」というジャンルの楽曲を紹介していきます。

 

ワルツとは

ワルツを踊る人々

日本では円舞曲とよばれるこのジャンルは文字通り3拍子を基本とした踊るための音楽と言えます。

 

13世紀ごろのオーストリア・ドイツあたりを発祥としており、農民の文化として根付いていたヴェラーとよばれるダンスから発展しました。

 

その舞曲をモーツァルトやベートーヴェンなど誰もが一度は耳にしたことがあるような楽曲を手掛けた作曲家たちが発展させました。

 

その後も、シューベルト、ショパン、リスト、チャイコフスキー、ラヴェルなど後世に語り継がれる作曲家たちも代表曲を残しています。

 

優雅な曲調でまさしくフォーマルのドレスコードパーティーなどで演奏されるような楽曲が多いです。

 

ワルツのオススメ楽曲

ワルツを踊る女性たち

チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」花のワルツ

 

クラシックの楽曲としても非常にポピュラーな楽曲で演奏会などでも取り上げられることの多い楽曲です。

 

「花のワルツ」は物語でもおとぎの国を訪れた主人公たちを歓迎し、住人たちが踊る群舞で明るく楽しげな雰囲気を演出しています。

 

 

 

ダンスの時はこのように踊られています。

 

 

ハチャトゥリアン:仮面舞踏会「ワルツ」

運動会など良く流れる「剣の舞」を作曲したハチャトゥリアンのワルツ作品となります。

 

戯曲「仮面舞踏会」のための劇音楽として作曲され

 

仮面舞踏会の音楽に合わせたダンスは下記の動画で観ることができます。

 

 

まとめ

クラシック音楽の中でも親しみやすいジャンルである「ワルツ」、踊りはやはり優雅なものが多く、上品に踊るような印象です。

 

オーケストラ、吹奏楽、ジャズをやろうとしているかたは演奏する機会も多いのでこれを機にワルツを聞いていただければ幸いです。

 

Coolish Musicでは「楽器を始めてみたい」「ブランクがあるけどまた楽器を始めたい」という方向けにプロの演奏者による「マンツーマンのオンラインレッスン」をご用意しています。

 

「入会金0円」ですぐに始めることができ「何度でも質問できる」「周りの目を気にせずレッスンに集中」できる環境を整えております。

 

ご興味を持たれた方はぜひ気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です