Sign In

世界の華麗なる舞曲 ルンバ編

世界の華麗なる舞曲 ルンバ編

踊りにかかせないのはやはり音楽です。

 

ダンスミュージックといっても優雅なパーティーで流れるような楽曲やクラブなどで流れる電子音楽など多岐にわたります。

 

今回紹介するのは社交ダンスなどで演目として取り上げられる情熱的な音楽「ルンバ」というジャンルの楽曲を紹介していきます。

 

ルンバとは

踊る男女

キューバのアフリカ系住民の間で誕生したラテンミュージック、踊りでもあります。

 

もともとは1930年代にアメリカ経由でキューバのソンと呼ばれる音楽がルンバとして広がりました。世界的なルンバの流行を受け、社交ダンスなどの種目に組み込まれることとなりました。

 

ボーカルとコーラスのコールアンドレスポンスとパーカッションがメインでスペインの音楽や黒人音楽特有のリズムが融合した音楽でもあります。

 

主に首都のハバナなどで踊られており、誕生日、結婚式などお祝い事でのパーティーで踊るときに使われます。

 

ダンスで踊られるときは4拍子のスローなテンポに合わせてなめらか、かつしなやかな動きが特徴です。

 

ルンバは男女関係の悩みや葛藤などを表現したものであることやルンバのルーツとなったアフリカ系住民が奴隷であったこともあり足かせを常に身に着けていただことも緩やかな動きにつながったといわれています。

 

ルンバのオススメ楽曲

踊る男女

マイアミビーチルンバ

ルンバの王様と呼ばれる「ザビア・クガート」によって演奏され世界的なヒットとなった楽曲です。

 

彼はマンボやルンバなどラテン音楽の地位を固める貢献者の1人で映画音楽なども手掛けていました。

 

 

マイ・ショール

「ザビア・クガート」自身が彼のバンドのテーマソングとして使用するために作曲した楽曲です。

 

名曲であるため、多数のアーティストからカバーされており、フランク・シナトラなども好んで歌っていました。

 

 

Rumba Improvisada

 

こちらはスペインのギタリスト「パコ・デ・ルシア」によって演奏された楽曲です。

 

 

 

まとめ

馴染みのないジャンルではありますが、情熱的な楽曲が多いのが特徴である「ルンバ」、ギターなどを演奏されるかたは耳にする機会が多いかもしれません。

 

Coolish Musicでは「楽器を始めてみたい」「ブランクがあるけどまた楽器を始めたい」という方向けにプロの演奏者による「マンツーマンのオンラインレッスン」をご用意しています。

 

「入会金0円」ですぐに始めることができ「何度でも質問できる」「周りの目を気にせずレッスンに集中」できる環境を整えております。

 

ご興味を持たれた方はぜひ気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です