ロカビリーミュージシャン「ブライアン・セッツァー」

ロカビリーミュージシャン「ブライアン・セッツァー」

最優秀ポップ・グループ部門でグラミー賞受賞経験のある「ブライアン・セッツァー」

 

「ストレイ・キャッツ」というバンドでネオロカビリーブームに乗り、一世を風靡します。

 

しかし、のちに結成した自身のバンド「ザ・ブライアン・セッツァー・オーケストラ」はセールス面が伸び悩むなど不遇の時を過ごしています。

 

今回は「ブライアン・セッツァー」の魅力とおすすめの楽曲を紹介していきます。

 

ブライアン・セッツァー

ブライアン・セッツァー
画像出典:umbilica.net

 

ニューヨーク出身のギタリスト、ボーカリストで金髪のリーゼントがトレードマークの「ブライアン・セッツァー」

 

1980年にロカビリーバンド「ストレイ・キャッツ」で数々のヒット曲とプラチナ・アルバムを生み出すも1983年に解散

 

ロカビリーとはロックンロール草創期のスタイルの一つで代表的なミュージシャンで「エルヴィス・プレスリー」などがいます。

 

その後、ソロ活動や自身のバンド「ザ・ブライアン・セッツァー・バンド」を結成するなど意欲的に活動を行います。

 

しかし、リリースした1stアルバムはジャズ・スタンダードナンバーを多く収録した影響のためかセールスが伸び悩みます。

 

6年間の苦節の時を乗り越え彼らの3rdアルバム「ダーティ・ブギ」収録の2曲がグラミー賞を獲得し大ヒット。

 

ネオ・スウィング・ブームを巻き起こし、改めて人気を獲得するにいたる。

 

元日本人メジャーリーガーのイチロー選手が出演した炭酸飲料「PEPSI」の原曲である「セクシー・セクシー」が日本でも大ヒットしました。

 

ブライアン・セッツァーおすすめの楽曲

SEXY SEXY

ペプシコーラのCMで使用された楽曲「SEXY SEXY」

 

ノリノリの楽曲と途中のギターソロがいかにもアメリカのロックンロールという仕上がりになっています。

 

こちらの楽曲を替え歌にして元日本人メジャーリーガー「イチロー」選手 の活躍を歌ったこともあります。

In The Mood

ジャズのスタンダードナンバーとして人気の楽曲「In the Mood」を彼の魅力を詰め込んでアレンジしたバージョンです。

 

ミュージックビデオを見ると終始ノリノリの彼のパフォーマンスを観ることができます。

 

まとめ

日本人がイメージする「ザ・アメリカン」なロックンロールを魅せてくれる「ブライアン・セッツァー」

 

セールスが伸び悩むなど苦しい時期でも意欲的にアルバムをリリースしてきた彼の精神はぜひ見習いたいものです。

 

Coolish Musicでは「ジャズを始めてみたい」「管楽器に挑戦してみたい」という方たち向けにプロ奏者による「マンツーマンのオンラインレッスン」をご提供しております。

 

初心者の方から上級者の方までご要望に合わせたマンツーマンレッスンを実施しております。

 

マンツーマンなので「遠慮なく質問を行える」「周りの目を気にせずレッスンに集中できる」という環境が揃っており、「入会金0円」ですぐにレッスンを開始できます。

 

ご興味がございましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です