サインイン

音楽コラム

『海外の音楽風景』ロンドンのブルースセッション人気曲②

『海外の音楽風景』ロンドンのブルースセッション人気曲②

海外の音楽風景より、イギリス・ロンドンのブルースセッションの様子をこちらの記事でご紹介させて頂きました。

 

ブルースセッションは、12小節3コード転回の、基本的なブルーズ形式を把握しておけば、初心者でも気軽に参加出来るおすすめセッションのひとつです。

 

そんなブルースセッション。

 

ここでは、ロンドンで特に人気の高い、定番セッション曲をご紹介致します。

(前回の紹介曲はこちら)

 

 

セッション定番曲で特に人気の曲

 

今回は、ロンドンでもセッション演奏回数ナンバーワンとも言える、人気曲をご紹介。

 

“Take A little Walk With Me”

Written by Robert Jr. Lockwood

 

「Take A Little Walk With Me」です。

 

ロバート・ロックウッド・ジュニアが1941年にリリースしたこちらの曲は、数多くのブルースミュージシャンが演奏している有名な曲なのでご存知の方も多いはず。

 

こちらがロバート・ロックウッド・ジュニアのヴァージョン。

一番有名な元祖だけあり、ブルースを聞かない方でも、どこかで耳にしたことがあると思います。

 

アメリカ・アーカンソー州で生まれたロバート・ロックウッド・ジュニアのギタリストとしてのブルース街道は、両親が離婚した後、10歳の頃に母親の再婚相手となった男性からギターを教わった事からはじまります。

 

その男性こそが、後のロック界にも多大な影響を与えた伝説的なブルース歌手、ロバート・ジョンソン。

 

ロックウッドは、彼からギターの技術をはじめプロミュージシャンとして必要な数々の事を教わったと言われています。

 

こちらは、ロバート・ジョンソンの「Muskadine Blues(Take a Little Walk With Me)」です。

 

ギター1本でブルースを弾き語りアメリカ大陸を渡り歩いたと言われる伝説のロバート・ジョンソンのサウンドは、ご存知の方も多いはず。

 

バンドステージ

アップテンポで陽気なセッション

 

「Take A Little Walk With Me」も、ロンドンでは、アップテンポで明るく陽気に演奏される事が多いです。

 

バンドで演奏するとこのような雰囲気ですね。

「The Aces」より。

 

一夜のジャムセッションで何回も耳にする曲ですが、何回演っても、お客様にもバンドメンバーにも喜ばれる人気曲なのです。

 

楽器の方はもちろん、ボーカル・ギターの方は、歌詞を頭に入れておくと、かなり喜ばれます。

 

ブルースセッションはキーとテンポの提示だけでOKなので、歌詞や曲を完コピする必要は全く無いのですが・・・

 

やはり皆が好きな曲、知っている曲というのは喜ばれやすいです。

 

 

 

ギターを弾く男性

好きな曲を自由に演奏しよう!

 

日本のブルースバンド、憂歌団も「Take A Little Walk With Me」を歌っています。

 

「ブルース イズ ルーツ憂歌団」というアルバムに収録されています。

 

憂歌団と言えば、日本が誇るブルースバンド。有名なオリジナル日本語歌詞のブルースを沢山歌われてますよね。

 

何でもありのブルースセッション、3曲披露のうちの1曲を日本語で歌ってみても面白いかもしれません。

 

Coolish Musicでは、WiFi環境さえあれば、即興演奏で使えるテクニックをいつでも学ぶことが出来ますよ。

 

次の記事では、セッション万能曲をご紹介します。

 

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です