トロンボーン中級者に進めたいバストロンボーン プレイヤー編

前回までバストロンボーンの魅力・活躍する曲とご紹介してきました。

今回は、有名なバストロンボーンプレイヤーをご紹介します。

第一線で活躍しているバストロンボーンプレイヤーの音色は、格別ですよ。

 

 

有名なバストロンボーンプレイヤー

 

今回は4人のバストロンボーンプレイヤーを紹介します。

いずれもバストロンボーンプレイヤーの憧れになっている人たちです。

バストロンボーンをするなら、こんな音色を目指したいですね。

 

 

ベン・ヴァン・ダイク (Ben van Dijk)

 

 

1人目はオランダ出身で、国際トロンボーン協会賞も受賞したベン・ヴァン・ダイク (Ben van Dijk)さんです。

ハーグ・フィルハーモニー管弦楽団のソロトロンボーン奏者であった父の影響で早くからトロンボーンプレイヤーとして活躍します。

トロンボーンを開発したり、教育にも熱心で、音楽院で教授をしたり、はたまた教則本を出したりと、トロンボーンの演奏レベルを世界的に引き上げたトロンボーン界の第一人者です。

楽曲編で紹介した「A SONG FOR JAPAN」で紹介したバストロンボーンのパートも彼が演奏していました。

 

ダグラス・ヨー (Douglas Yeo)

 

 

2人目は、2014年に国際トロンボーン協会最高の名誉であるITA賞を受賞したダグラス・ヨー (Douglas Yeo)さんです。

1985年~2012年まで27年間もボストン交響楽団のバストロンボーン奏者を務め、2012年~2016年まではアリゾナ州立大学の教授を務めます。

その後も、さまざまな音楽学校で後進を指導する傍ら、世界各国のイベントに招待されており、世界的なバストロンボーンプレイヤー、音楽学者、指導者として知られています。

 

ジークフリート・チースリク(Siegfried Cieslik)

 

3人目は、あのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団でバストロンボーン奏者を務めあげたジークフリート・チースリク(Siegfried Cieslik)さんです。

ベルリンフィルの終身指揮者であったヘルベルト・フォン・カラヤンの時代に黄金期を作った一人でもあります。

ヨーロッパのバストロンボーンプレイヤーでは伝説的で、コントラバストロンボーンまで操りました。

ドイツの名門トロンボーン・メーカーであるレッチェでチースリクモデルも共同開発しています。

 

ジョージ・ロバーツ (George Roberts)

 

 

最後は「Mr.BassTrombone」とまで呼ばれたバストロンボーンプレイヤー、ジョージ・ロバーツ (George Roberts)さんです。

アメリカ出身で、スタン・ケントン楽団などでキャリアを積み、その後、ハリウッドのスタジオミュージシャンとして、著名なスタジオで、多数の録音を残しました。

彼の活躍によってバストロンボーンの地位が引き上げられるまでになったことから、「Mr.BassTrombone」と呼ばれました。

残念ながら2014年に亡くなりましたが、彼の存在や功績、バストロンボーンの音色は後世まで語り継がれるでしょう

 

 

まとめ

 

全三回にわたってバストロンボーンの魅力・活躍する曲・名プレイヤーをお伝えしてきましたがいかがでしたか?

バストロンボーンの音色はその歴史と奥深さを象徴するかのようですね。

トロンボーン中級者の方で、バストロンボーンを触る機会があったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

こちらも読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です