2019年5月18日 ルーテル市ケ谷ホール
SXACIPLE   4thconcert

サックスの演奏会は、オーケストラからソロまで聴いてきたのですが、
今回の8重奏は初めてでした。
勿論、youtubeでは何度も聞いた事はありましたがライブは初めてでした。
実は、CoolishMusicで講師をお願いしている方もこの演奏会で演奏するという事でしたのでこれは何を差し置いてでもと、出掛けてきました。
お客は、100名程入っていたように見えました。
会場の大きさからすると丁度良い混み具合でゆっくりと聴く事ができました。

8重奏は、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン が各2本で構成されていました。
サックスは、ソロ、カルテットなどで聴くのも良いのですが、今回聴いた
8重奏は、サックスの魅力を引き出してくれる素晴しい構成だという事がわかりました。
そして、私が一番感動したのは、バリトンでした。格好いいの一言。
ジャズなどでベースが決まると素晴らしいと感動する、正しくそれです。
バリトンが、ベースを刻んでいるのに聞き惚れていると、次の瞬間いきなりソロが始まった時には釘づけ状態でした。
久々に感動した瞬間でした。
大げさだなと思われるかもしれませんが、本当です。

実は、18日はこのコンサートの前にサントリーホールで日本フィルハーモニーの定期演奏会を聴いていたので、いい音楽に耳が親しんだ状態でのこの驚きなので、これは本物だと確信しています。
私は、サックスを習い始めて3年が経ちましたが、それまで楽器に触れたことがなかったことを思えば、吹ける曲も増えてきましたし、音質を良くしたいなどと欲が出てきているなど少しずつ良くなってきているのが自分でわかります。
私は、アルトサックスです。
今回バリトンのあまりの格好良さに、バリトンをやってみたいと心底思っています。
アルトサックスが上手く吹けるようになったらチェレンジしてみたいと思います。

しかし、バリトンサックスは大きい! 持ち運ぶのも一苦労です。
レッスンを受けるのに持ち運ぶことを考えると、中々踏み出すのにはハードルが高いと思います。プロの方の苦労話を聞いたこともございます。

いやいや、この流れはなんでしょうか。
そうです、Coolish Musicは、WiFiが繋がっていればどこでもレッスンが受けられる。それだったら、バリトンを始める事が来そうです。
勿論、Coolish Musicは、バリトンサックスを教える講師の方がいます。
Coolish Musicは、アルト、テナー、ソプラノ、そしてバリトンの4管全てのレッスンが可能なのです。あまり宣伝していませんでしたが大きな特徴です。

今回は、バリトンサックスに感動した話をさせて頂きました。
ありがとうございました。